【知り合いにバレない!?】Matchbook(マッチブック)はFacebook(フェイスブック)連動で密かにあなたの恋活・婚活を叶えます!

マッチングアプリの登場によって、日常に出会いの機会がない方も、街コンや婚活パーティーに行かず、気軽に出会いを作れるようになりました。

しかし、マッチングアプリを使って恋活や婚活をしているということを、周りの友達や知り合いに知られたくないという方、多いのではないでしょうか?下手に登録して友人や知り合いに、見つかってしまったらどうしようと、不安を抱いてる方、

安心してください!

Matchbook(マッチブック)では、Facebookと連動して登録しても、友達や知り合いに恋活・婚活をしていることがバレません!
この記事では、Facebookと連動してもなぜバレないのか、加えて、バレるリスクを減らすためにはどうすればいいかについてご紹介します!

なぜMatchbook(マッチブック)はFacebook連動で身バレ防止ができるのか?


マッチブックは利用する上でFacebookと連動させる必要があるのですが、その際にこのような機能によって身バレ防止に努めてくれます!

  • Facebookで繋がっている友達のアカウントを非表示
  • ニックネームをイニシャル表記にしてくれる
  • Facebookのタイムラインには流れない設計

「アカウントの非表示」とは、連動させたFacebookアカウントで繋がっている友達が、もしマッチブックを利用していたとしても、検索結果にその友達のアカウントが出てくることはないということです。

もちろん、マッチブックを始めた後に、Facebookの友達に追加された相手にも反映されませんので、安心して利用することができます♪

また、「ニックネームのイニシャル表示」についても、身バレ防止には有効です。
Facebookは基本的に本名を使用して登録するSNSなので、連動させることによって本名が表示されるのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし連動させた際に、自分のアカウントの名前のイニシャルを汲み取って表示してくれるので、自分の本名がいきなり晒されることはありません!

そして「Facebookのタイムラインに流れない」というのも、身バレ防止に有効な機能です。
通常、Facebookでは「チェックイン」「イベント参加」などの何かのアクションをした時、タイムラインにそのアクション内容が反映される仕組みになっています。

そのため、マッチブックとFacebookと連動することによって、「〇〇さんがマッチブックの利用を開始しました」とタイムラインに流れるのでは?と考える方もいるかもしれませんが、マッチブックは連動させてもタイムラインに反映されないので、誰かに見つかることはありません!

デティ

マッチブックはFacebook連動が必須やけど、それで友達とか知り合いが反映されなくなるのはありがたいな!ちなみに、10人以上の友達がいるアカウントじゃないと登録できへんから、注意してな!

それでもマッチブックでは、Facebook以外に友達や知り合いにバレる可能性ってある?


マッチブックは、Facebookと連動することが利用の条件となっていますが、連動させることで、Facebookで繋がっている友達が反映されなくなるので、安心して利用することができます!

ただ、そんなマッチブックでも、友達や知り合いにバレてしまうケースは0ではありません。

Facebookで繋がっていない友達や知り合いは表示される!


マッチブックは、Facebookで繋がっていない友達や知り合いには表示されてしまうので、そこから友達や知り合いにバレる可能性はあります。例えば、学生時代の古い友人や、知ってはいるけどFacebookでは繋がっていない知り合いは、誰でも1人や2人はいると思います。

そうした方がもしマッチブックを利用していると、検索結果に反映されてしまいますので、その場合はその方にマッチブックの利用がバレてしまいます。

Facebookで繋がっている「友達の友達」経由でバレる可能性


マッチブックは、Facebookアカウントで直接的に繋がっている友達には反映されませんが、いわゆる「友達の友達」まではカバーできません。

当然ですが、自分の検索結果に表示されるということは、相手の検索結果にも表示されるということになります。もし相手が自分のことを認識している場合、友達に「そういえばあなたの友達の〇〇さん、マッチブック使ってたよ」と言われてしまったら、バレることになります。

デティ

Facebookを連動させたからといって、絶対にバレへんわけではないみたいやな!バレへんために徹底的に防止する方法は、次で語るで!

マッチブックで徹底的に身バレ防止するには、〇〇が有効!


マッチブックはFacebookと連動させることが利用条件なので、ある程度の身バレ防止を図ることは可能です。しかし、それでも身バレしてしまうケースはある、ということを先ほどお伝えしました。

それでは、マッチブックで徹底的に身バレ防止をするには、どうすればいいのでしょうか?

プロフィール名のイニシャルを変更する


まず、名前のイニシャルを変えるということは有効です。
マッチブックは、Facebookと連動させた時点で、自分のFacebookアカウントの名前をイニシャルに置き換えたものを、自動的に設定します。つまり、本名のイニシャルをそのまま表示するということです。山田 太郎さんであれば「T.Y」となります。

しかしもちろん、後から名前を変更することができますので、自分の名前に全く関係のないイニシャルやアルファベット、ニックネームを設定しましょう。マッチングした相手にはメッセージのやりとりの中で、「実は〇〇が本名なんだよね!」と切り出すようにしましょう。

友達や知り合いを見つけたらすぐにブロック!


徹底的に身バレ防止をしたいのであれば、友達や知り合いを見つけた瞬間にブロックする癖をつけておきましょう。
もし友達や知り合いとFacebookで繋がっていなかったり、別アカウントで登録をしている場合、どうしても最初から非表示にすることは難しいのが現状です。

そのため、友達や知り合いと思われるユーザーを見つけたら、すぐにブロックをしましょう。こちらがブロックすると、当然相手にも自分が非表示になりますので、身バレの可能性を抑えることができます。

デフォルトで設定されるFacebookと同じプロフィール写真の変更


設定しているプロフィール写真を変更するということも、身バレ防止には使えるテクニックです。
マッチブックでは、Facebookと連動させた時点で、プロフィール写真がFacebookアカウントに使われているものと同じものが設定される仕組みになっています。そのため、そのままにしていると写真で身バレしてしまう可能性があります。

もちろん、後から設定でプロフィール写真を変更することは可能なので、身バレ防止を徹底したいのであれば、すぐに変更するようにしましょう。

住んでいる地域を、あえて違う地域に設定する


住んでいる地域を違う地域に変更するということも、バレ防止に使える方法の1つです。
たとえば関東の場合、埼玉に住んでいるけど職場が東京なのであれば、東京に設定してしまう手もあります。

もしマッチングした相手に、「なんで埼玉に住んでるのに、東京に設定してるの?」と聞かれたら、「埼玉に住んでるけどほとんど東京にいるから、東京にしているんだよ」と答えましょう。テディの検証結果では、これで納得してもらえることがほとんどです。

デティ

バレ防止のためにできることはたくさんあるな!全部駆使して、身バレ防止に努めてや!

Facebook+少しの工夫でマッチブックでレッツ隠密恋活・婚活ライフ♪


いかがでしたか?

マッチブックは、Facebook連動型のマッチングアプリです。そのため、ある程度の身バレ防止はできますが、完璧に防ぐためには工夫も必要です。

しかし、逆にいうとちょっとした工夫だけで徹底的に身バレ防止ができるので、友達や知り合いにバレたくない方でも、安心して利用できるマッチングアプリだと言えます!
ぜひあなたも、バレずに恋活・婚活したいなら、マッチブックを利用してみてくださいね♪

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選!編集部が全て使い倒してわかった厳選アプリ!