マリッシュ「いいね」量産計画!出会いを引き寄せるモテプロフィール術を大公開!

恋活や婚活の重要な手段になっているマッチングアプリですが、「いいね」がもらえなければなかなか出会いにつながりません。

マリッシュは再婚活に強いマッチングアプリとして人気がありますが、意気込んで登録したものの「いいねがこない、もう再婚は無理なのでは……」と悩んでいる人も少なくないようです。

「いいね」がもらえないのには、プロフィールに原因があります。逆に言えば、ブロフィールさえ良いものが作れれば、いくらでも「いいね」がもらえる可能性があるということです。

マリッシュでたくさん「いいね」をもらい、出会うにはどんなプロフィールを作れば良いのかをお伝えします。

マリッシュでいいねをもらうには、顔写真はマスト!

どのマッチングアプリでも同じですが、自分の顔写真を登録することが、いいねをもらうための大前提です。顔も分からない相手には興味が持てませんし、「いいね」をされても相手のプロフィールを確認したいとは思わないですよね?

筆者がマリッシュに登録し、検索画面に表示された男性の写真を見て驚いたのが、プロフィールに顔写真が設定されている人がとても少ないことです。48人中26人しか、顔が分かる写真を登録していませんでした。正直女性としては、ただでさえオンライン上での出会いは、不安要素が多いもの。まず間違いなくいいねをしようと思いません。

つまり、顔写真をきちんと掲載すれば、半分の会員はもうライバルじゃないということ!

ルックスに自信がない、恥ずかしいなど、いろいろ理由はあるでしょう。しかし、次にご紹介するNG例を意識して写真を撮影すれば、現在よりも数倍いいねをもらえる可能性があります。

マリッシュでいいねがもらえないNG写真とは?

顔写真は必要ですが「顔が写っていれば何でも良い」というわけではありません。異性に「素敵だな」「好感が持てるな」と思える写真を選択することがマストです。

顔は出ていても、こんな写真だとNGです。

  • 真顔(怖い印象を与えます。特に男性)
  • 顔の一部を隠している(モザイクや眼鏡、マスクなど)
  • 画像加工ソフトを使っている(snowなど)
  • 人物が小さくて顔が分からない
  • いかにも部屋着でだらしない印象
  • 背景が汚い
  • 証明写真を使っている

男性であれば爽やかさが必要ですし、女性であればメイクをして多少なりとも華やかさを感じられるような写真選びが大事です。

なるべく第三者に撮影してもらった写真が、マッチングアプリに掲載する写真としては好ましいです。「フォトジェニック かっこいい」で検索をして、出てきた写真になるべく寄せるようにしましょう。

マリッシュで女性のいいねを集めるモテプロフィール

マリッシュのプロフィール項目はとても細かく、入力箇所が非常にたくさんあります。身長や体型、血液型、出身地など他のマッチングアプリでも見かけるものから、恋人いない歴や体質、貯蓄、好きなブランド、似ている有名人を問うものまで多様です。

マリッシュを利用している人の大半が、再婚活です。「今度こそ失敗したくない」という思いから、前回の失敗を繰り返さないように、慎重に相手を選ぼうとしています。司法統計によると、離婚の申し立て理由は「性格の不一致」が毎年ダントツの1位。

そのため、相手がどんな人なのか、自分と性格や考え方が合いそうなのかをプロフィールから読み取ろうとする人が多いのです。また、入力が大変なプロフィールを全て埋めることは「真剣に相手をさがしています」というアピールにもなります。なので、面倒臭さがらずに、なるべく項目は埋めるようにしましょう。

特に回答しておきたいのは以下の項目。

  • 結婚歴
  • 子どもの有無
  • 結婚に対する意思
  • 家事・育児
  • 同居人
  • 利用目的
  • 引っ越しは可能?
  • 結婚式の希望
  • 子どもは欲しい?
  • 貯蓄(男性)
  • 年収(男性)
  • 結婚後の仕事の希望は?(女性)

利用目的は、友達を増やしたいのか、恋人を見つけたいのか、結婚相手を見つけたいのかということを問う項目です。それ以外の項目は、婚活をする上では欠かせない「相手に聞いておきたいこと」となります。
この部分が入力されていないと、「聞かれたら都合が悪いことで、答えられないのかな」と多くの人が予想します。本当は面倒で入力していないことも、悪く取られてしまう可能性が高いです。

反対に全て入力されている人には、真剣さも伝わって、好感度が上がります。

マリッシュのグループに入ることでいいねを集めやすい!?

グループとはミクシィのコミュニティのようなものです。自分の好きなものや興味があるもの、自分の考え方に近いものを選んで入ります。グループに入ると、プロフィールに加入しているグループのアイコンが表示され、プロフィールをひと目見ただけで「こういうのが好きな人なんだ」「こんな感じの人なのかな」と想像できます。

グループに入っていれば、自己紹介文で長々と自分自身について語らずとも、視覚的に自分がどんな人なのかをアピールできるのです。

マリッシュで人気があるのは、こんなグループです。

  • 本気で愛したい、愛されたい
  • 尊敬できるパートナーが欲しい
  • 温泉大好き
  • アイス好き?
  • お互いの時間を大切にします
  • 友達からでもOK
  • 記念日を大切にしたい

他にもたくさんのグループがあり、人数が多いものから少ないものまでさまざまです。

グループに加入していると、「自分と似ているな」と感じた人には「いいね」を送りやすいのがポイント。同じグループに入っている人から、いいねが届く可能性も高まります。

マリッシュでいいねをもらうためにリボンを付ける(男性向け)

リボンとは、マリッシュで男性だけが付けることができるアイコンで、「私はバツイチ、シングルマザーに理解があります」というサインです。リボンはポイントを使って購入でき、リボンを買うとプロフィール画面に表示される自分の顔写真の左下にリボンアイコンが表示されます。

マリッシュは再婚活に強いアプリで、ユーザーの大半が離婚経験者です。特に女性のバツイチ率は高く、シングルマザーもたくさんいます。バツイチやシングルマザーは、他のアプリではどうしても敬遠されがち。バツがあること、子どもがいることが引っかかり、なかなか積極的にアプローチできないというユーザーが多いのです。

そんな中、リボンが付いているユーザーがいれば「バツがついていても気にしなくていい」「子どもがいても、この人なら大丈夫」と、バツイチ・シングルマザーのユーザーはひけめを持たずにあなたにアプローチすることができます。

現在、男性会員の中でもリボンを付けている人は少数派。だからこそ、リボンを付ければ目立ちますし、バツイチ・シングルマザーの女性からの「いいね」が集まりやすくなります。

相手に離婚歴があっても気にしない、子どもがいても構わないという男性は、ぜひリボンを付けましょう。

リボンは、プレミアム会員や有料会員はもちろん、無料会員でも10ポイントで購入できます。ポイントは毎月マリッシュから付与される無料ポイントを使っても良いですし、購入してもOK。ちなみに10ポイントで980円です。

また、わざわざお金を払ってポイントを購入しなくても、有料会員なら毎月10ポイント、プレミアム会員なら毎月15ポイントが付与されますので、それを使うこともできます。

いいねをたくさんもらうためには、プロフィールをしっかり作り込むことが何より大切。異性から好感を持てる写真を用意し、プロフィール項目をしっかり埋め、自己紹介文をしっかりと記入し、男性はポイントを使ってリボンを付ける。これらを実践し、マリッシュでこれからの人生を共に過ごせるパートナーを見つけて下さい。

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 MatchAppNAVI