【これで解決!】モテる方法を調べてるいのに「モテる男」になれない理由とは!?

モテる方法 男
ダイ
こんにちは、マッチングアプリなび編集部のダイです。この記事ではモテる男になる実践的な方法をご紹介します。

※この記事にはあなたを不快にさせる文章が含まれている可能性があります。

モテる方法を学ぶ前に…

ネットで検索しこの記事にたどりついた時点であなたは今後も一生「モテる」ことはありません。

モテる人がモテる方法をネットで探すわけがないので当然の結論です。あきらめましょう。

しかし、このこの時僕は「何もしないでも女がよってくる男になる」という意味で「モテる」という言葉を使っています。

残念ながらこのタイプの「モテる人」になれるかどうかは生まれた時のスペックで決まってしまいます。

ダイ
もちろんこの定義でいえば僕もあなたと同じモテない人です。

では僕やあなたのような生まれつき「モテない人」いわゆる非モテやフツメンはどうすれいいのでしょうか?

モテるの再定義

先ほどあげた定義が「モテる」の最上級であるのは間違いありませんが一生達成できない目標を掲げても意味がありません。

そこでこの記事では「モテる」を下のように定義します。

モテるとは

好みの女性に自分からアプローチし、恋愛関係に発展させることができる

もしあなたの友人に女性からのアプローチは皆無だが、狙った女性を高確率で落とす人がいたら、あなたはその人を「モテる人」だと思うのではないでしょうか。

その人こそがこの記事で定義する「モテる人」です。

ダイ
以降この記事では「モテる人」をこのように定義し、そうなるためにすべきことを解説していきます。

なぜあなたはモテる男ではないのか

ダイ
あなたが「モテる男」になるために足りないものを1つずつ考てみましょう。

イケメンじゃないから?

容姿とモテに関連性がないと言えば嘘になります。しかし、仮にあなたが世間でブサイクと見なされる人でもモテる男になれます。

先述しましたがこの記事が定義するモテる男にスペックは必要ありません。

顔以外の全てのスペック、例えば身長、経済力なども無関係ですので安心して読み進めてください。

モテる男の特徴を身につけてないから?

「モテる男の特徴」は様々な書籍やサイトで紹介されています。しかし、こんなものはいくら読んでも無駄です。

紹介している情報自体は間違っていません。しかし、これを読むことででモテるようになることを期待するのは馬鹿げています。

ダイ
例えばゴルフがうまくなりたいとします。あなたはどうしますか?

まず練習しますよね。スウィングの指南書を読むだけでゴルフがうまくなる人なんかいません。

これと同じでモテる男の情報を収集するだけの人がモテるようになるはずがありません。

【結論】足りないものは経験

ゴルフの例えが示す通りモテたいならそのための練習や実践、そこから得られる経験が必要です。

これは避けて通ることはできません。しかし、これを越えてしまえばあなたは女性からのアプローチを待つ必要はなくなり、自分から好みの女性と恋愛ができるようになります。

自分のスペックに自信のない人はこの段階で尻込みしてスペックが低いからと言い訳をしがちです。

もう一度断言しますが現時点でのスペックは関係ありません。

ダイ
手を伸ばすか伸ばさないか、それだけの差だけです。

モテる方法論をどこで実践するか

では具体的にどこで経験を積めばいいのでしょうか?

結論から言えばマッチングアプリが最適です。理由は後述します。まずは考えうる他の出会いの場を検討してみましょう。

以下の前提条件を踏まえた上シミュレーションします。

前提条件

・経験は積めば積むほど良い

・アプローチの練習の始めたては失敗するのが当たり前で、失敗を繰り返す中少しずつ成功率が上がる

職場または学校

一番オーソドックな出会いの場です。しかし、経験を積むという意味では適しません。

なぜなら失敗した時のリスクが大きいからです。アプローチが失敗したり、付き合った後別れたりすれば全部バレます。

ダイ
身近な人にプライドを傷つけられるのは嫌ですよね。

合コン

職場、学校よりは女性にアプローチすることに対する反感は小さいです。

しかし、女性に奢る場合が多くコストがかかるのと、開催回数が少ないことがネックです。

ダイ
仮に合コンの機会に恵まれたとしても周りから合コンばっかりしてる人と思われます。

友人の紹介

そもそもあなたは女性を紹介してくれる友人を持ってますか?

ダイ
僕はそんな有能な友人をもっていません。

仮にいたとしてもその人に何度も頼めるでしょうか?何人紹介してもうまく行かない人に新たに紹介しようと思うでしょうか?

やはり失敗することが前提の練習期間では向かないと思われます。

キャバクラまたはガールズバー

いつでも女性と話せるという点は経験を積むのに適しています。しかし、圧倒的にコストがかかる上、恋愛関係に発展する可能性が限りなくひくいシチュエーションです。

また、相手はは話すのが商売なので夜の店でうまく話せたからといって一般女性とのトークに応用がきくかという点でも懸念が残ります。

マッチングアプリ

今まで上げてきたデメリットを全て解消したのがマッチングアプリです。

失敗のリスク

身近な人にアプローチの失敗をひやかされるリスクはほぼゼロです。

ごく稀に知り合いがマッチングアプリにいることがありますが、その時点でその人はあなたをバカにできる立場にいないですよね。

ダイ
ちなみに僕はマッチングアプリで現実の知り合いを見かけたことはありません。

得られる経験の量

pairs 会員数

次にどれだけ経験をつめるかという点ですがマッチングアプリは登録者が1000万人を越えるものもあり、全ての女性にアプローチし終わってしまった、などということはありえません。

コスト

最後にコストですが1ヶ月約4000円が相場です。合コン1回分、キャバクラの半額ぐらいです。

またマッチングアプリはまとめて課金をすると割引されます。

ダイ
上の画像はペアーズの実際の料金プランです。まとめて課金するほど1ヶ月あたりの料金が下がっているのがわかると思います。
結論

恋愛経験を積むのに最も適した環境はマッチングアプリ

マッチングアプリでモテる方法

そもそもマッチングアプリって何?
男女がプロフィールをアプリ内で公開し、気に入った人がいれば「いいね」を送ります。お互いに「いいね」を送りあった男女のみがアプリ内でチャットができ、デートや恋愛に発展するというサービスです。

恋活、婚活など人によって使用目的が違いますが、体目的の出会い系サイトとは全くの別物です。

この記事およびこのメディアで紹介するのは全てマッチングアプリなのでご安心ください。

ダイ
マッチングアプリで経験を積むことを決心した人へ、稚拙ながら僕からコツを伝授したいと思います。

積極的に行動する

先ほど説明したとおりマッチングアプリを使うなかでした失敗は誰にも知られません。

初めはマッチングしなかったり、メッセージがうまく続かなかったりすると思います。しかし、それを克服する経験こそがあなたが「モテる男」になるために必要なものです。

ダイ
失敗は必ずあなたの糧に変えられます。

「モテる男の特徴」を活用する

記事の始めでは無意味と言い切りましたが、マッチングアプリで試行錯誤を繰り返している状況ならその過程で出てくる問題を解決する心強い味方になります。

ダイ
ゴルフの練習をしている人にとってスウィングの指南書が効果を発揮するのと同じです。

悩んだ時はいつでも「マッチングアプリなび」で検索してみてください。マッチングアプリ関連の攻略情報を随時更新しています。

自分に合うマッチングアプリを選ぶ

現在ではマッチングアプリは100個以上リースされてるとも言われています。そのなかでも品質の高いアプリは数えるほどなのですがそれでも初めての方は迷うと思います。

そこで、このメディアではマッチングアプリを実際に使いこんで本当に品質の高い14個のアプリに絞って紹介しています。

下のリンクから14個を一覧できる記事に飛べるので参考にしてみてください。

【高品質マッチングアプリ14選】実際に使ってみてわかったアプリの特徴も合わせてお伝えします。

マッチングアプリはプロフィール閲覧は無料で行えます。つまり、どんな女性がそのアプリにいるかを確認してから課金が行えます。

ですので上のリンクから気になるアプリを何個かダウンロードし好みの女性が多いアプリに課金することをお勧めします。

ダイ
厳しい内容だった思いますがここまで読んでいただきありがとうございました。アプリで得た経験を日常で使うのも、そのままアプリ内で彼女を作るのもあなたの自由です。あなたがモテる男になることを願っています。
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 MatchAppNAVI