Omiai(オミアイ)でマッチング後なかなかデートに繋がらないあなたへ|メッセージを工夫するとOmiaiでマッチングした人と会える!

のんちゃん
こんにちは!マッチングアプリナビ編集部ののんちゃんです!最近、恋活といいつつも将来も考えられるような出会いがあればいいなっと思い婚活アプリも使ってます!!今回は、Omiaiを使い込んでみました!

Omiaiでようやくマッチングできたは良いものの「メッセージのやりとりが難しい」「デートまでつながらない」と悩んでいる人も多いようです。

マッチングしたらそれで終わりではなく、その後デートをして、お付き合いするのが最終目標。

マッチングしたあと、どうやってデートに繋げればいいのか、メッセージ交換からデートに誘うタイミングまで、詳しくお伝えします!

 

自分にぴったりのマッチングアプリが知りたい!そんなあなたはこのフローチャートにチャレンジ!

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!

Omaiでマッチングしたら、すぐに1通目のメッセージを送れ!

マッチングをしたあと、一番大切なこと。それは鮮度です。

マッチングしたことが分かったら、すぐに1通目のメッセージを作り、自分から送りましょう。

マッチングしてもメッセージを自分から送らない人がいますが、相手から送ってくれるのを待っていては、始まるものもなかなか始まりません。

相手が自分に「いいね!」や「ありがとう」をしてくれた記憶があるうちに、

「マッチングありがとうございました、○○(名前)です。どうぞよろしくお願いします」

と挨拶メッセージを送信しましょう。

人気者でたくさんの「いいね!」が届いているような相手の場合、初回のメッセージ送信が遅れると「この人、誰だっけ?自分からいいねをしたのかな、それともありがとうをしたのかな」と相手が分からなくなり混乱する可能性も。その結果、返信しそびれるかもしれません。

また、すぐに1通目のメッセージを送ることで「あなたとマッチングできるのを待っていました!」「とても嬉しい!」という意思表示になります。

人間、好意を寄せられれば嬉しいもの。こちらから分かりやすいアピールをして、相手を良い気分にさせましょう。

Omiaiでマッチング後、2通目のメッセージを送るタイミング

1通目のメッセージに相手から返信が来て、それに返事をするタイミングも重要です。

おすすめは「相手が返信するまでにかかった時間を参考に、こちらがリアクションする時間を割り出して」返信すること。

こちらが1通目のメッセージを送ったあと、半日ほど経ってから返信をくれた人なら、こちらも半日ほど待ってから返し、すぐに返信をくれた相手にはすぐに返信を返します。

相手が忙しくしていて、あまり頻繁にアプリを開けない環境にいる場合、半日経って返した返事に数分で返事が来ると「急かされているみたいだ」と感じ、プレッシャーになる可能性があります。

反対に、すぐに返事をくれる相手に対しなかなか返事をしないと「返事が遅い」と思われ、「その間に他の人からメッセージが来た、この人とやりとりしよう!」と横からさらわれる可能性も。

つまり、適度な距離感で付き合いたいのか、それとも思いっきりイチャイチャしたいのかという付き合い方の価値観がここで問われるのです。

もちろん自分の都合もありますから、100%相手に合わせることは難しいのですが、相手がOmiaiを使うタイミングやペースに自分も合わせてメッセージを送ると

「この人は自分とペースが似ていて心地よい」

と感じられ、親近感を持ってもらいやすくなります。

ただし、判で押したように同じでは面白味がありません。

平日の夜間や土日の昼間など、相手がアプリを開く余裕がありそうな時は、普段の返信頻度を無視してアプローチし、一気に距離を詰めるのもおすすめです。

Omiaiでマッチングしてからのメッセージ交換、こんな罠に気を付けろ!

メッセージを送る頻度やタイミングを相手に合わせていても、いつの間にかメッセージが途絶えてしまった、相手から返事が来なくなってしまったということも少なくありません。

マッチングアプリでのメッセージ交換には、いろいろな罠が潜んでいます。その罠をうまくかいくぐり、メッセージ交換を継続させましょう。

Omiaiでマッチング→デートにスムーズに移行できるメッセージは、質問系

メッセージは自己紹介をしつつも、相手への質問を交えた文章を送るのがマッチングアプリの鉄則です。

文中に相手への質問があることで

文中に相手への質問があると

  • 自分に興味を持ってくれていると実感できる
  • メッセージの返信がしやすい

という2つの大きなメリットがあります。

たとえば、あなたがこんなメッセージを相手に送信したとします。

寂しそうに思われるかもしれませんが、ふらっと一人飲みに行くことも多いです。

ビールが好きなので、ビールが美味しいお店を探して色々行くんですよ♪

それに帰ってきた返信として、以下の2つのメッセージを比べてみましょう。

 

返信例(1)

〇〇さんはビールが好きなんですね!

ちなみに好きなメーカーとか産地はありますか?

私は国産ならキリンの一番搾り、地ビールだと湘南ビールが好きです。

外では、ドイツとベルギーのビールを飲むことが多いです。

返信例(2)

OOさんと同じに、私もビールが好きです。

私は国産ならキリンの一番搾り、地ビールだと湘南ビールが好きです。

外では、ドイツとベルギーのビールを飲むことが多いです。

どうでしょうか。

明らかに、最初の返信例(1)の緑文字のメッセージのほうが「自分が受け入れられている」「返信しやすい」と感じるのではないでしょうか。

ポイントは2つ

ポイント
  • メッセージの中できちんと相手の発言を受け止め、リアクションしている
  • 相手への質問を交えた返信をしている

という点。

2つ目の青文字のメッセージもリアクションをしてはいますが弱いです。これではリアクションより、自分が書きたいことが優先されていて、会話のキャッチボールが緑文字に比べて成り立っていません。

緑文字のようなメッセージが続いた場合「もう、返事しなくてもいいかな」と思ってしまう人も少なくないでしょう。

Omiaiでデートに誘うなら、マッチングしてから1週間~2週間後

いい雰囲気でメッセージ交換が続いたら、次はいよいよデートに誘いましょう。

「いつ誘えばいいんだろう」

「どのくらい仲良くなれば、デートの誘いをOKしてもらえる?」

と悩む人もいると思いますが、おススメは、マッチングしてメッセージ交換を初めてから1週間~2週間後です。

このくらいの期間があれば

  • メッセージ交換で相手のことがなんとなく分かる
  • 相手への興味がある
  • テンションもそれなり高い

でも…

あまりにも早いタイミングだと

  • まだ相手のことが良く分からないから怖い
  • ヤリモク・サクラでは
  • 業者かもしれない
  • 他に企みがあるのかもしれない

と警戒される恐れがあります。

もちろん、メッセージ交換の回数が多く、マッチングしたばかりだけれど2人ともとても盛り上がり、初日に数えきれないくらいのメッセージを往復させたような場合はその限りではありません。1日に数通のメッセージ交換くらいの頻度であれば、1週間から2週間くらいかけて、お互いのことを文章で知ることが必要です。

なかなかデートに誘えないまま、これ以上メッセージ交換の期間が伸びると

慎重になりすぎるとマイナス面もあります

  • 相手について質問したいことが無くなる
  • 会話のネタが無くなる
  • 新鮮味も無くなる
  • 他の人から「いいね!」が届いて興味がそちらに移る

こんな風になる可能性があります。メッセージ交換の頻度が下がり、自然消滅しやすいのです。

鉄は熱いうちに打て。

メッセージ交換でお互いのことが何となく分かったら、勇気を出してデートに誘いましょう。

Omiaiでマッチング後、デートの約束をスムーズに取り付ける方法

良い雰囲気でメッセージ交換が続き、そろそろ会ってもいいかなと思ったら、いよいよデートに誘うわけですが、いきなり

「お会いしませんか」

と誘うのは、ムードもへったくれもないので避けたいところ。

イベントや食事にかこつけるのがスマートで、誘われたほうも抵抗なくOKしやすいです。

例えば…

「スポーツ観戦がお好きとのことだったので、よければ野球の試合を一緒に見に行きませんか?」

「焼肉がお好きだと言っていましたよね。おすすめのお店があるのですが、ご一緒しませんか」

「来週公開される映画、○○さんが好きだと言っていた俳優が出ています。一緒に観に行って、その後お茶でもどうでしょうか」

こんな誘いなら「ぜひ!」と言いたくなりませんか。

ポイントは、相手の趣味や好みに合わせること。自分の好みを優先すると、ドライな相手からは「それ、興味ない」と断られる可能性があります。

マッチング後、デートの約束がうやむやにならないために

何をするかが決まったら、次はデートの日時と待ち合わせ場所(場合によっては、具体的に行く場所も)決めるわけですが、誘った方がリードしてどんどん決めて行きましょう。

とは言ってもお互いに都合がありますので

「来週と再来週で、都合のいい日を教えてください」

「来月の週末、空いているところはありますか」

というように、ある程度期間を限定した上で相手の都合を聞き出します。

具体的に「このレストランに行こう!」「このアミューズメント施設へ行こう!」と決まっていない場合は、行く場所も自分たちで決めなくてはいけませんので

「新宿、上野、品川なら、都合がいい場所はどこですか」

というように、候補を絞ったうえで選択してもらうと、相手も選びやすいです。このとき提示する候補も、ある程度バラエティに富んだものを用意しましょう(例えば、渋谷と原宿どっちが都合いい?と聞かれても、どっちも大して変わらない、と思いますよね)

どこに行きましょうか、いつ行きましょうか、と丸投げにすると決まるものも決まりませんし、「この日のこの時間、ここで!」といきなり全部決めてしまうと強引すぎると引かれてしまいます。

選択肢を提示しつつ相手にゆだねることが大切です。

マッチング後もデート約束の当日まではメッセージ交換を継続させろ!

デート先も待ち合わせ場所も決まったら、着ていく服や下調べなど準備をしつつも、メッセージ交換を続けましょう。

多少頻度が落ちてもいいので、雑談程度のやり取りを続けます。

そしてデート前日に

「明日〇時に~~だよね。会えるの楽しみ」

とリマインドし、ドタキャンされるのを防ぎましょう。

いきなりメッセージが途切れると「会えることが分かったら、もう自分に興味がなくなったのかな?」と不安になる人もいますし、そのまま他の人とメッセージ交換が始まり「こっちの人のほうが楽しいから、会わなくてもいいかな」とキャンセルを検討される恐れもあります。

最後までマメに接するのが、デートを成功させるポイントです!

 

Omiaiでマッチングをしたらそれで満足せず、すぐにメッセージを送ってデートまでつなげていきましょう。相手を思いやる内容で、相手に合わせた頻度を心がけてメッセージ交換すれば、必ずデートまでたどり着けます。

まだOmiaiを使っていないという人は、ぜひOmiaiでデート出来そうな相手を探し「いいね!」を送ってみてください!

Omiaiのダウンロードは無料です!一度、どんなユーザーがいるのかみてみてくださいね!

 

自分にぴったりのマッチングアプリが知りたい方はこちら!!

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 MatchAppNAVI