【婚活、正直めんどくさい】嫌気が差した時に試した結婚に近づく4つの方法

この記事を書いた人
 
石井美穂編集部員
4年付き合った彼氏に振られ、マッチングアプリで婚活を始めた。

こんにちは、ライターの石井美穂です。

皆さんは『婚活疲労症候群』という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

婚活疲労症候群とは、婚活に疲れてしまい、

「自分はこのまま一生結婚できないないんじゃないか・・・」

との不安から身体的・精神的な症状が出てしまうという病気です。

このような病名が出来るくらい

正直、婚活はめんどくさいです。

石井美穂
私も最初はやる気に満ちていたものの期間が長引くにつれ段々、

「めんどくさい」「疲れた」

という気持ちが先行してきました。

今回の記事では、婚活をめんどくさいと感じる理由と、

実際に私が「婚活めんどくさい状態」から脱した方法をお伝えしたいと思います。

婚活をめんどくさいと感じる理由

1人で海を見る男性

結婚したい!という気持ちは強いのに、いつしかめんどくさく感じてくる婚活。

いつまで続くんだろう・・・
結婚できないのは自分に魅力がないからなのかな・・・

誰しもがめんどくさいと感じる婚活ですが、その具体的な理由は何なのでしょうか?

実体験も含め以下に挙げてみました。

外出がめんどくさい

家のベッドに寝そべる女性

婚活の場に参加する為いちいち外出するのは正直めんどくさいですよね。

異性ウケの良さそうな服装をチョイスして、

交通費をかけて婚活パーティーや結婚相談所に行って・・・。

石井美穂
休日くらい家でゆっくり過ごしたいのに、成果が出るかもわからない婚活の場に足を運ぶ度

「なんでこんなことしなきゃいけないんだろう」

という気持ちでした。

自由時間が減る

時計を見る男性

婚活の予定で自由時間が減ってしまうのは悲しいですよね。

趣味を楽しむ時間、仕事の勉強、平日のための作り置き。

いろいろやりたいことはあるのに

スケジュール帳を開けば週末には婚活パーティーのシール。

そのための服を用意したり、ネットで婚活の場を探して応募したり・・・。

石井美穂
お金も時間も使ってめんどくさい思いしてるのに成果はゼロ。

損してる気分でした。

連絡するのがめんどくさい

スマホで連絡を取る人

結婚相談所でお見合いをした人と連絡先を交換!

しかし相性が合わず、連絡の多い彼にため息・・・。

連絡不精にとってこまめなやりとりは最も苦手とするものです。

しかもそれが同時に複数人になるともう、めんどくさいわめんどくさいわで。

石井美穂
私は連絡がめんどくさすぎて

「入院するから暫く連絡できません😢」

とメッセージを送り折角の出逢いを無に還したことがあります。

素敵な人に出会えない

落ち込んでいる女性

これは婚活中一番の悩みではないでしょうか。

婚活パーティーに行っても年齢がマッチングしなかったり、そもそも結婚が目的でない人や既婚者もいる始末。

結婚相談所でお見合いをした方達も、プロフィールを見て「素敵!」と思っても、実際会うとそのスペックでも結婚できないのがよくわかる性格だったり・・・。

石井美穂
友人に相談しても

「理想が高すぎるんじゃない?」

とお説教され、

「学生時代の恋人と結婚できた人はいいよね!」

と日々嫉妬と焦りで精神が疲労していました。

出費がかさむ

高いお金

私は女性なので男性より費用はかかっていないと思いますが、

それでも婚活の費用は痛かったです。

石井美穂
婚活パーティーは女性無料のところもありますが、

女性有料のパーティーの方が男性の真剣度も高かったですし私は有料の方に参加していました。

婚活パーティーは一回が平均3,000〜5,000円程度だったので月では2万円以上の出費に。

婚活パーティーでのお相手探しはもう無理だと諦め、

結婚相談所に登録してからはもっとお金がかかりました。

入会金、登録料、月費etc…

私は総額で10万円ほどかかりました。

めんどくさい婚活から抜け出す為の方法

上記の通り、めんどくさい婚活。

婚活に嫌気が差し、それでも結婚したかった私が

「めんどくさい婚活」から抜け出す為に試した方法をご紹介していきます。

婚活する期間・回数を制限する

STOPと書かれた手

婚活が長引いてめんどくさくなってしまったという方は、婚活する期間や回数を制限するのも方法の一つです。

常に結婚に意識を向けていては気が張って疲れてしまいますよね。

例えば、婚活パーティーで婚活している方は、参加する日を「月に1回」と設定してみるなど

適度に休みつつ続けるのも手です。

出会いを絞る

悩む女性

婚活パーティーでお相手探しをしているなら、自分の求める条件の方がいそうな婚活パーティーにだけ参加する。

婚活アプリを使っているなら、いいねする人やメッセージをする人を選ぶ、など。

自分がめんどくさいと感じないくらいの頻度や回数で婚活をしましょう。

友達と婚活する

友達と婚活する女性2人組み

グループで婚活するのも一つの方法です。

実際友達と婚活の進捗について語ったり、応援しあったりするのは学生に戻ったようで楽しかったです。

また、第三者の意見を取り入れることができるのも良い点。

身だしなみやデートプランなど、自分では気がつかない部分も指摘を受けて勉強になりました!

婚活アプリを利用する

アプリの入ったスマートフォン

実際私がやってみて一番よかった方法が婚活アプリの利用です!

婚活アプリはもう使ってるけどめんどくさいんだよ・・・

そんなあなたにも、今一度婚活アプリを使う利点を思い出してほしいです。

メリット①

婚活アプリは成婚までの期間が短いのが特徴。

  成婚に
至った
成婚に
至らなかった
仲人・結婚相談型 11.5ヶ月 24.8ヶ月
データマッチング型 12.7ヶ月 23.1ヶ月
インターネット型
(婚活アプリ)
8.0ヶ月 12.7ヶ月

参照:少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書
(経済産業省)

結婚相談所はお相手選びが慎重になりすぎて出会いにくいのに比べ、婚活アプリは真剣ではあるものの変に慎重になりづらく、

出会いが増え結果的に結婚まで至るのが早い印象です。

メリット②

アプリは数が沢山あるのもポイント!

結婚特化型のアプリ、相性重視のアプリ、再婚に向いたアプリ

などアプリごとに特性があります。

現在婚活アプリを利用していて尚婚活をめんどくさいと感じる方は使っているアプリが合っていないのかもしれません。

石井美穂
実際私も複数の婚活アプリを使う中で合うアプリ・合わないアプリの差は顕著に出ています。
✔︎合わないアプリの特徴

  • いいね数が少ない
    →そのアプリの市場と自分がマッチしていない
  • 良いメッセージをもらえない
    →結婚に対するモチベーションが相手と違う
  • 素敵だと思える人に出会えない
    →アプリの特性に自分が合っていない

こちらの記事では年齢やスペックに合わせたおすすめの婚活アプリを紹介しています。

現在婚活アプリを使っている人もそうでない人も、自分に本当に合う婚活アプリを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめできる人気婚活アプリを見る👇
💡【最短結婚】自分に合った婚活アプリを探そう!

婚活をめんどくさいと感じるあなたも結婚できます

手を繋ぐカップル

成果のなかなか出ない婚活を「めんどくさい」と感じるのは誰しも同じです。

石井美穂
しかし現実は厳しく、そのめんどくささを乗り越えた者しかパートナーは得られないようです。

自分に合った方法を使えば必ずパートナーに出会えます。

まずは自分にどの方法が合うのかを模索し、最短で結婚までいきましょう!

石井美穂
一時期婚活に嫌気が差して諦めそうになった私が一番楽に成果を出せたのが婚活アプリです。

皆さんにはめんどくさいと結婚を諦める前に、まず婚活アプリを使ってほしいです。

しかし、何度も言う通り自分に合ったものでなければ良い成果は出せません。

こちらの記事では、おすすめの婚活アプリとその特徴を紹介しています。

自分に合った婚活アプリを使って、瞬息でパートナーを見つけましょう!