自撮りでもOK!家で手軽にマッチングアプリの写真を撮る方法

この記事のナビゲーター

200個以上のマッチングアプリ/サイトを利用して、延べ130人以上と出会う。マッチングアプリ専門家として日刊SPAAMに取材を受けたり、ウレぴあ総研に恋愛コラムニストとして記事を掲載。

木村啓副編集長

趣味は筋トレ。元々デブで非モテだったが大学3年で覚醒。体脂肪5%を切った時はマッチングアプリで”無双状態負けなし”でそのノウハウを発信中。付き合うなら一周回ってギャル。

マッチングアプリ用に写真を撮りに行くのは面倒

プロフィール写真って自撮りでいいの?

なんて思っているあなた、

自撮りはOKです

しかし自撮りにも女性ウケする自撮り女性ウケしない自撮りの2種類があります。

ですので、

今回紹介する「家で手軽にできるモテる自撮りを撮る方法」を学んで

女性とマッチしまくれるプロフィール写真を撮りましょう。

また、マッチングアプリを攻略する方法もコチラに載せておくのでぜひ読んで今後に活かしてください!

まずはマッチングアプリでよく見かける、女性ウケしない悪い自撮りの特徴を見ていきます。

マッチングアプリによくいる悪い自撮りの特徴

以下の特徴がある自撮りは悪い自撮りです。

悪い自撮りの特徴
  • カメラ目線のキメ顔
  • 鏡越しに撮っている
  • 部屋が散らかっている・物が多い
  • 加工で盛りすぎている

1つずつ理由も含めて解説していきます。

カメラ目線のキメ顔

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イケメン図鑑(@ikemen.zukan)がシェアした投稿

 

木村啓
男性なら一度はこんなふうに写真を撮ってみたいですよね。その気持ち、痛いほど分かります。

しかし、マッチングアプリの女性が最も求めているのはこのような写真ではありません!

女性の身になって考えてみましょう。

柏木りさこ
いざという時、女性は男性に力ではかないません。だから知らない男性と会うのはとても不安なんです。

いくらかっこいい写真でも女性から「この人となら会っても大丈夫そう!」と思われなければ意味がありません。

ですので、

「かっこいい人」よりも先に「良い人」であることをアピールする必要があるんです。

威圧感のあるカメラ目線のキメ顔は女性に怖い印象を与える可能性があるのでやめましょう。

鏡越しに撮っている

鏡越しの自撮りは、男性が自分を撮っている姿がそのまま写ります。

そんな姿を見て多くの女性は「友達が少なそう」という印象を抱くでしょう。

柏木りさこ
女性から見ると撮ってくれる人がいないから仕方なく自分で撮っているように見えるのでやめた方が良いです。

部屋が散らかっている・物が多い

散らかった部屋は女性にだらしない印象を与えるので絶対にNGです

柏木りさこ
女性は清潔感のない男性が嫌いです。部屋が汚いとそれだけで恋愛対象外になる人もいます。

また、被写体以外に目を引くものが多いとシルエットが映えなくなってしまいます。

加工アプリで盛りすぎている

加工アプリは使っても問題ありませんが、顔のパーツを加工するならせめて1パーツだけしましょう。

加工に慣れていない男性が下手に複数のパーツをいじると以下のような不自然な顔の写真になってしまうのでやめた方が良いです。

顔を加工した男性

木村啓
何か違和感がありますよね。加工して自分を少しでも良く見せたい気持ちは分かりますが、なるべくありのままの自分で勝負するようにしましょう。

以上のような特徴の自撮り写真は女性ウケしません。

そのためネット上にも「自撮りはするな」という内容の記事が溢れています。

そうは言っても

誰かに写真を撮って欲しいけど知り合いには頼みづらい

写真を撮るためにわざわざ外出するのは面倒

なんて思っているそこのあなた!

そんなあなたに提案したいのが「他撮り風自撮り」です!

マッチングアプリで自撮りをするなら「他撮り風自撮り」にしよう

皆さんはこのように自撮り写真を撮っていないでしょうか。

自撮りをしている男性

実はこれ、典型的な悪い自撮りの撮り方なんです。

今回提案する「他撮り風自撮り」とはその名の通り「誰かに撮られた風の自撮り」のことです。

例をあげるとこんな感じです。

自宅のリビングにいる男性

屋上でこちらを見る男性

誰かに撮られた感があってとても自撮りには見えませんよね。

家で手軽にマッチングアプリで「他撮り風自撮り」を撮る方法

写真を撮る方法を「写真を撮る前の準備」「写真を撮る際の簡単なコツ」の2つに分けて解説します。

まずは「写真を撮る前の準備」から見ていきましょう!

POINT
写真を撮る前の準備
  • 機材は身近なもので代用
  • セルフタイマー機能と自撮りシャッター
  • 自然光の当たる場所
  • 白い背景や洋服

機材は身近なもので代用

他撮り風自撮りが良いのは分かったけど

あんな写真をとるにはスタンドとか自撮り棒が必要なんじゃないの?

って思いましたよね。

実はそれ家にあるものでも簡単に代用出来てしまうんです。

例えば、写真のように洗濯バサミを使ってスタンド代わりにすることだってできます。

洗濯バサミにスマートフォンを挟んでいる様子

木村啓
意外と身近なもので簡単に代用できるんですね!

セルフタイマー機能と自撮りシャッター

スマホのセルフタイマー機能を使って撮れば写真を撮る人も必要ないので簡単に「他撮り風自撮り」が取れます。

自撮りシャッターを使うことで自分の好きなタイミングでシャッターを切れます

木村啓
自撮りシャッターとは、スマホに直接触れずにシャッター操作ができる便利グッズです。

自然光の当たる場所

写真は自然光の当たる場所で撮りましょう。

白熱灯のような一点集中の強い光よりも太陽からの全体を均等に照らす光のほうが顔に自然な影ができるので、きれいに写りやすいです。

柏木りさこ
光の当たり方ひとつでその人の印象は大きく変わります。カーテン越しだとよりやわらかい光になるので自分で調節しましょう!

白い背景や洋服

白い背景や洋服はレフ板効果で肌が明るく見えるし、清潔感もでます。

部屋の壁の色が白じゃない人は今すぐクローゼットから白っぽい服を探してきましょう!

木村啓
レフ板とは光の反射板のことです。よくTVの野外ロケなんかで使われていますよね。

写真を撮る準備はこれで完了です。

次に、良い写真を撮るコツについて解説していきます!

POINT
写真を撮る際の簡単なコツ
  • 自分に合ったアングルを探す
  • 目線を外して撮る
  • 顎を上げずに撮る
  • 表情にバリエーションを作る

自分にあったアングルを探す

最高のアングルは人それぞれ。さまざまなアングルで撮ることで、その人の見え方はガラッと変わります。

例えば下から撮れば力強い印象になり、上から撮れば可愛げな印象になります。

アングルの調節もティッシュボックスなどを重ねれば簡単に可能なので試してみましょう。

とは言っても自分に合ったアングルなんて分かりませんよね。

困ったら斜め45度上から撮ることで、日本人の平らな顔でも目鼻立ちをはっきり見せることができます。

目線をはずす

少しだけ目線を外してみましょう。

そうすることで目のきつい印象が薄まる上に他撮り感も増し、よりナチュラルな印象になります

目線を少し上に合わせると目が大きく見えるので試してみましょう!

目を開けて顎を上げずに撮る

こうすることで顔は小さく写ります。
顎を上げてしまうとどうしても顎が強調され、顔が大きく見えてしまいます

柏木りさこ
女子がよくやる上目遣いに近いですね。上手くできない方は姿勢を良くするとおのずと顎が引けますよ!

表情にバリエーションを作る

表情はその人の印象を大きく左右します。
笑顔やすまし顔など、様々な表情のパターンで撮ってみましょう。きっと良い表情が見つかるはずです。

木村啓
男性は表情づくりに慣れていないものなので、モデルさんのようなはっきりとした顔作りではなく、少しの動作で作れるナチュラルな表情にすることがおすすめです。

 

ポイントを押さえるとどのくらい印象が変わるのか、実際に写真で比較してみましょう。

これが何も意識せずに撮った写真です。

カメラ目線の男性

そしてこれが複数のポイントを押さえて撮った写真です。

白い壁によりかかる男性

違いは一目瞭然です。2枚目の写真は誰かに撮られた感がある上に1枚目よりイケメンに見えますね。

このようにポイントを押さえれば誰でも簡単にモテる他撮り風自撮り写真が撮れます。

コチラの記事でも良い写真を撮る秘訣を解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

いかがだったでしょうか。

ここまで、家で簡単にモテる自撮りを撮る方法とその注意点について説明してきました。

以上の内容を実践すれば、
家で手軽にモテるプロフィール写真が撮ることができます

写真の設定が終わったら、次に自己紹介文などの他のプロフィール設定もあるので
以下の記事も読んでモテるプロフィールを完成させましょう!