【婚活で焦ってる方へ】with(ウィズ)で婚活はできるのか?3ヶ月使い込んで分かったこと、暴露します。

数あるマッチングアプリの中でもwithは、メンタリストとして有名なDaiGoが監修を務める「診断機能」が、若い世代を中心に話題を呼び、今もっとも勢いと人気があるアプリの1つです。

そんなwithは、公式サイトでも「恋活・婚活アプリ」とうたっているので、正直「婚活」と「恋活」どちらに需要が偏っているのか、一般的にはわかりにくいというのが本音。
withを使おうとしている方の中には、真剣に婚活をしたい方も、気軽に恋活をしたい方もいると思いますが、どうせならお金もかかりますし、自分の目的に合ったアプリを使えるのが本望ですよね。

この記事では、with利用経験者であるテディがwithを利用していく中で感じた意見を中心に、withで婚活をする上で知っておくべき注意点や、withで婚活を成功させるためのポイントを中心にご紹介します♪

withは婚活向け?恋活向け?どっち?


withはどちらかというと「恋活」に向いているマッチングアプリです。
そう言える理由の1つとして、withの年齢層が影響しています。実ははwithの女性ユーザー層で1番多い年代は20代。男性も20代がやはり多く存在します。

もちろん人によって結婚を意識するタイミングは違うものの、20代から本格的に婚活をしよう!と考えている女性は、20代後半の女性以外でない限りは少数派なのが事実です。

20代前半はまだまだ遊びたいお年頃ですし、20代半ばもまだ真剣に婚活というよりも、将来を一緒に考えられる恋人が欲しいという程度であることがほとんど。そのため、がっつり婚活!というよりは、気軽な恋活の方が需要はあるようです。

なぜwithには、20代のユーザーが多いの?


withは2016年にリリースされた比較的新しいアプリで、なおかつ「診断機能」という独自のサービスを打ち出すことによって人気を得たアプリです。これはあくまで予測ではありますが、こうした「目新しさ」や「話題性」に敏感な若い世代を狙い、20代のユーザー、特に「若い女性が多いアプリ」としての立ち位置を確立させる戦略ではないかとテディは考えています。

実際にwithの女性会員の中でも、20代全体が占めている割合は68%と7割近くを占めており、男性ユーザーも20代全体が66%と同じ程度の割合を占めています。

ただし、withで真剣に婚活している男性・女性はたくさんいます!

だからといって、もちろんwithでは気軽な恋人ばかりを求めているユーザーばかりとは言えません。その中でも真剣に「結婚したい!」と思って婚活に取り組んでいる男性や女性も多くいますし、他の若いユーザーが多く見られるマッチングアプリと比較しても、感覚的ではありますがwithが1番「真剣な若い男女」が多いように感じました。

それを叶えられている要素の1つとして挙げられるのがやはり「診断機能」です。
監修しているDaiGoといえば、人の気持ちを言い当てるメンタリズムで人気のタレント。そんなDaiGoが監修した診断機能は「面白いほど当たってる!」と好評で、こうした機能を使って「本当に相性のいい相手と末長く幸せになりたい!」と考える女性も少なくはありません。

実際にテディもwithを利用していましたが、自分と同じ価値観診断の結果を持つ女性は、軽いノリの女性というよりも、しっかりと会話をしながら相手のことを知り、判断しようとする、自分と似た女性が多かったです。withで他にやりとりしていた女性も真剣に婚活をしていましたし、婚活需要も高いことが見受けられました。

デティ

withはどちらかというと恋活アプリやけど、真剣に婚活してるユーザーもたくさんいるで!真剣に恋活する場合やからこそ、withは安心して使えるアプリやな!DaiGo様様やで〜✨

 

withで婚活する上で知っておくべき2つの注意点って?

withは恋活アプリとしての要素の方が強く感じるところがありますが、もちろんwithを使って真剣に婚活をしている男性や女性もいます。ぜひ婚活をする際にもwithの利用をオススメします。

しかし、withで婚活をするのであれば、あらかじめ知っておいたほうが良い注意点があることも事実です。withで婚活をする上で知っておくべき2つの注意点についてご紹介します!

年齢層が若いので、最初からガツガツするのはNG!


まず1つ目の注意点は、ユーザー層の若さや恋活向けアプリという背景もあるので、あまり最初からガツガツすることはNGということです。
何度もお伝えしているとおり、withはどちらかというと婚活よりも恋活寄りのマッチングアプリです。真剣な婚活をしているユーザーもいるとはいっても、まだ気軽さ重視で利用しているユーザーが多数派なのは否めません。真剣な婚活をしている方は特に、年齢層が上がれば上がるほど焦りが見え、無意識に相手に対してガツガツしてしまいます。もし相手が「気軽な恋活」目的の男性や女性であれば、焦りが伝わり、引かれてしまうのは間違いないでしょう。

男性の場合、もし女性側が真剣に婚活をしていたとしても、あまりガツガツし過ぎると「もしかして私の真剣さにつけ込んでヤリたいだけかも?」と警戒されることにもなり兼ねません。あまりガツガツせず、真摯な対応を心がけるようにしましょう。

30代半ば以降が婚活を成功させるには、工夫が必要!


2つ目の注意点は、30代半ば以降の年齢になると、マッチング率が低下してしまう可能性があるため、工夫が必要だということです。
前述した通り、女性は20代のユーザーが女性ユーザー全体の約70%を占めていますし、男性の20代ユーザーもほとんど同じ割合となっています。もし真剣に婚活をしているユーザーが20代だった場合、同世代の相手と10歳近く年上の相手の2人から同時にアプローチされた時、後者が選ばれる可能性は低いことは事実でしょう。

よほどの年上としての魅力がない限り、自分よりも年齢の近い同世代の異性を選ぶことがほとんどです。

そのため、もしもwithで30代半ば以上の方が、真剣に婚活を成功させたいのであれば、ある程度の努力や戦略を立てることは不可欠です。ただし30代を超えた方には、人生経験やオーラがあることも事実なので、そこをうまく活用し、魅力的に思っていただければ形勢逆転は十分可能です。

デティ

7割近くが20代というユーザー層のwithでは、30代には厳しい婚活が強いられるで!それでも諦めへん心と努力は絶対に必要や!

withで婚活を成功させる3つのポイントを大公開!


withで婚活をする際、30代半ば以上は特に厳しい婚活をすることになるとご説明しましたが、もちろん20代でも30代前半であってもそれに変わりはありません。30代前半であっても「30代」と「20代」の壁は高く感じるもの。そして男性の場合、20代であっても、他にかなりの数の男性ユーザーがいるので、ライバルはかなり多いことが現状です。

そんな中で、無事婚活を成功させるにはどうすればいいのでしょうか?ここではwithで婚活を成功させる3つのポイントをご紹介します♪

婚活の真剣さをアピールしたいなら写真はプロに依頼!


まずプロフィール写真は自撮りや誰かに撮影してもらった写メではなく、しっかりとプロに撮影してもらった写真を使用することをオススメします。
写メを設定するのであれば、とくに何もコストはかかりませんが、プロに写真撮影を依頼すると費用がかかります。「使える写メもあるから、わざわざプロにお願いしなくてもいいのでは?」と思う方も多いかもしれません。しかし費用がかかるからこそ印象のいい写真を手に入れられますし、何より相手に対して真剣さをアピールすることができます。

あくまでテディの感覚値ですが、自撮りの写真を設定していた時よりも、プロにお願いした写真を設定した時の方が、3倍以上マッチング率を上げることができました。真剣に婚活したいなら、プロの起用を検討してみてくださいね。

自己紹介文は丁寧に書くことを心がけるべし!


また、自己紹介文は丁寧に書くことをおすすめします。
とくに若い世代の男性は、「自己紹介文なんて真剣に書かなくても、気軽な恋活目的の女性も多いだろうし、自分も若いから十分マッチングできるでしょ」と思いがち。実際にそうした男性も多いのですが、だからこそ丁寧に自己紹介文を書いた人に好印象が集まるのです。

自己紹介文の丁寧さや詳細が書かれるかどうかで、女性は相手の真剣度合いを計る傾向があります。目安は400文字以上に書き、段落や改行を意識した読みやすい文にすると、一目置いてもらえる男性になれるでしょう。

診断機能を駆使してマッチング率を上げよう!


真剣に婚活をしたいのであれば、診断機能の利用は外せません!なぜならここから相性のいい異性を選んでアプローチをした方が、マッチング率が高くなるからです。
withの診断機能は、メンタリストのDaiGoが監修した独自機能で、これがあるからwithに登録した!というユーザーは少なくはありません。診断結果も当たっていると評判ですし、「同じタイプ」「相性のいいタイプ」の方には、違うタイプや相性の合わないタイプの方に比べても親近感が湧き、意識してしまうことは言うまでもありません。

withにはたくさんの診断テストが用意されています。できるだけ多く利用して、自分の相性に合った相手を中心にアプローチすることを心がけましょう!

デティ

withで婚活を成功させたいなら工夫が必要やで!この3つのポイントは意識してみてや!♪

withで婚活を成功させた人も多数!運命の人を見つけよう♪


いかがでしたでしょうか。

withはどちらかというと恋活に向いているマッチングアプリ。しかし、withのホームページにはたくさんのカップルからの報告が上がっていますし、実際にテディが利用した中でも、真剣に婚活をしている女性は比較的多い印象でしたので、十分婚活にも使えるアプリです!

気軽な恋活はもちろんのこと、もし真剣に婚活をしたいのであれば、ぜひwithの利用を検討してみてはいかがでしょうか?今なら無料で、ステキな女性と出会えるチャンスですよ♪

 

早めに婚活を決めるなら複数のマッチングアプリを使うべし!

婚活を早めに成功させたい人も、そうではない人も、1つのマッチングアプリだけにこだわらず、複数のマッチングアプリの同時並行がオススメです。

なぜならwithであまり良い人とマッチングしなくても、同時に使っていた別のアプリで良い出会いがあった!なんてことは、ざらにあるからです。

しかし、マッチングアプリは星の数ほどではないですが、複数あります。その中で良いマッチングアプリを引き当てることができますか?

もし、不安な方がいらっしゃいましたら、マッチングアプリナビの編集スタッフが選びに選んだ厳選マッチングアプリを、フローチャート式にご紹介してますので参考までにどうぞ!

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!