【モテウハ体験談】マッチングアプリなら誰でも出会いがある!恋に連戦連敗だった男の奇跡|コンプレックスの塊だったテディが出会いたいあなたに送ります|vol.1

元からイケメンでもない限り、最初からモテる男はいない。
だけど考えを変え、見た目を変える努力をすれば、ブサイクがイケメンを凌駕することもできる!!

「デブ」「猫背」「ブサイク」「顔デカ」「コミュ障」……そんな非モテのオードブルを抱えてこの世に生まれた、マッチングアプリナビ編集部の関西人ライター・テディ。

恋の連戦連敗を経験し、自分は一生童貞なんだと絶望の淵に立つが、マッチングアプリとの出会いで失われたモテ時代を一気に取り戻すことに成功!

今では女性経験は3桁を軽く超え、魅了してきた女性の数は200を超えるまでに。

このコラム連載では、そんな非モテのデパート化したテディの過去、そしてモテを取り戻した奇跡のストーリーやモテるために現場で叩き上げて知り得た恋愛テクニックをどんどん紹介するで!

マッチングアプリをきっかけにモテたい、だけどコンプレックスがあって自信がない。そんなあなたを応援する、生きたモテエッセンスをお届けしていくで!!

テディ
僕が実際に使っているマッチングアプリはここで紹介してるで!自分にぴったりのものを使ってくれ!

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!

【テディのマッチングアプリ未体験時代】非モテ暗黒時代!恋に連戦連敗、涙の時代…。そして出会いがない…。

今でこそ200人以上の女性から好意を抱かれる対象になることに成功したテディ。

しかし、もちろん元からそうだったわけではなく、むしろ思春期は最悪の暗黒時代を過ごしてたんや……。

書くだけで恥ずかしくなるお話やけど、あなたが「こんなやつでもモテれるの!?」と思ってくれるなら。その気持ちで公開するで!

初恋!イケメン園児に心奪われストレート負けの幼稚園時代

僕の初恋は幼稚園時代、相手は同じマンションに住むまきちゃん(仮名)や。

まきちゃんは幼いながら整った顔立ちが特徴で、まるでリカちゃん人形の実写版みたいやったで。

まさに幼稚園のアイドル、もはや僕ら同年代の4歳からすると、園のマドンナやったんや。

幼稚園時代のテディは絶望的なスペックを持ちながら、奇しくもそんな高嶺の花に恋をしてしまったんやなぁ。

幼稚園児といえども立派に芽生える恋心。

成就させたい気持ちは、大人も園児も変わらへん。

そこでさり気なく、まきちゃんと幼稚園からの帰り道、さらっと聞いてみたんや。

 

テディ
「まきちゃん、好きな男の子とかおるん?」

まきちゃん
「うん、あたし、たっくんが好きやねん!」

 

なっ、なんだと……!?

BLEACH -ブリーチ- 第271話「If You Rise From The Ashes」より引用

たっくんとは、同じ組だった「たっくん(仮名)」。

男の子ながら目がクリッとしていて、顔立ちも整っており、運動もでき、友達も多い人気者やったんや。

まさか偶然帰り道に見かけたたっくんが、道端でこっそりウ◯コを漏らした事実を伝えて気持ちを略奪できるわけもなく、あっさり僕の初恋は終わりを告げたで。。

5年の片思いに終止符!キラッとフラれた小学生時代

次に好きになったかなちゃん(仮名)も、小学生ながら整った顔立ちが特徴的な女の子。

小学2年生の時にかなちゃんを知り、そこから小学6年生までずっと片思い。

5年生の時にガラケーを与えてもらい、かなちゃんとメールのやりとりをしている時間が1番幸せやったわ。

そして小学6年生の秋口、僕は運動会終わりの達成感に便乗した大きな気持ちを引っ提げて、かなちゃんにメールで告白をしたんや。

 

テディ
「ずっと好きだったので、付き合ってください!」

かなちゃん
「テディは私にとってマスコットなので、それ以上も以下にもなれない☆」

 

かなちゃん:
「テディは私にとってマスコットなので、それ以上も以下にもなれない☆」

 

 

じつは僕もマスコットではなく、あなたと同じ生身の人間なんだよと伝える隙間もなく、淡い恋心は砕け散ったで。。

ようやく念願の初彼女ができた中学時代!しかし恋の終わりは想像以上に早かった……

中学生になり、テディにも初めて恋人ができたで!

その女の子の名前はあやちゃん(仮名)。友人の紹介で知り合った他校の子で、たまたま出会って意気投合し、連絡先を交換。

距離も徐々に近づき、交際に発展したんや。

一緒にいるだけで幸せな日々。

しかし交際から1ヶ月が経とうとした頃、あやちゃんがぽろっとこんなことを言ったんや。。

 

「ほんま、テディくんも優しいから好きやわぁ」

 

「ほんま、テディくん【 も 】優しいから好きやわぁ」

BLEACH 第341話より引用

なんだか含みのある言い方だなぁと引っかかり、

【  も  】ってなんやねんwww」

と軽く投げかけてみると、思いがけないパンチが返ってきた。。

 

「えっ?そのままの意味やで、テディくんも優しいから好きってこと。あ、悪気はないんやけどさ、私、テディくん以外に彼氏2人おるねん」

 

悪気しかないやろがいッ!!!!!!

まさかの堂々の浮気宣告。

ちなみに問いてみたところ、テディは2番目の彼氏だったようで、1番目にはイケメンの年上ヤンキーくんが、3番目には年下の初々しいボーイがいたとのこと。

ちなみに同じ学校の同級生に後日聞いてみたところ、あやちゃんはとにかく何でも欲しがりで、ちょっと欲しいと思ったものは手に入れないと気が済まない性格なんだそう。

 

かなちゃん:
「テディは私にとってマスコットなので、それ以上も以下にもなれない☆」

この言葉がフラッシュバックし、「やっぱり俺はちゃんとした恋愛対象になることはできないのか……」と、別れ際絶望感に浸ってたんや。

 

「俺がデブじゃなければ……」

「俺がブサイクじゃなければ……」

「俺にもっと会話力があれば……」

 

そんなことばかりを考え、思春期を終えたテディやったで。。

【テディ体験談】マッチングアプリとの出会いで失われたモテ時代を急速に取り戻した!その3つの理由を公開!

 

「俺はおそらく、一生非モテの人生を送ることになる」

それからというものの、幾度かの恋愛を夢見たが全て敗戦。

「生涯童貞宣告」を受けたかのように捉え、絶望の淵に立たされたテディだったが、あるきっかけで人生が大きく好転したんや。

そのきっかけというのが、

マッチングアプリとの出会い

やったで。

じゃあ、今まで非モテ街道まっしぐらだったテディが、マッチングアプリを使って、なぜ一気にモテ人生を歩むことができたのか?ここではそのエッセンスを、あなたにも共有するで!

【体験したから分かる!】マッチングアプリを使うと、出会いの商圏が一気に広がる!

マッチングアプリを使うことで、あなたの出会いの商圏が一気に広がることは大きいメリットやで。

おそらくマッチングアプリを使っていない人は普段「学校」「職場」「街コン」「婚活パーティー」からしか出会いを見つけられへんのや。

学校や職場はそこにいる女性しか出会いの対象にならへんし、街コンや婚活パーティーも、その日その会に参加した女性としか縁を繋ぐことはできへんやろ?

せやけどマッチングアプリやったら、あなたが住む都道府県でマッチングアプリに登録している女性が出会いの対象になるんや!

つまりあなたが普段出会える商圏を抜け出し、もっと広い出会いのフィールドで恋人を見つけることができてしまうっちゅうわけや!

それによって、出会いの幅や可能性が広がることは、言うまでもないわな!

マッチングアプリのユーザーは、すでに恋愛体制が整っている!出会いたいと思ってる!

マッチングアプリのユーザーは、基本的にほとんどが「恋愛目的で登録している」から、恋愛体制がすでに整っているというのも、モテの可能性を拡大させる要因やで!

というのも、じつはモテへん理由は「魅力がないから」だけやないんやで。

それもたしかにあるんやけど、アプローチする女性がまだ恋愛体制を整えてないから結果に繋がらへんっていう視点も忘れたらあかんのや!

婚活パーティーならまだしも、学校や職場は恋愛しにくるところやないやろ?

学校は勉強を、職場は仕事をしにくるところや。

そんな中で恋愛関係に発展できるのは生まれながらのモテ男かコミュ力最強男子だけで、僕のようにコンプレックスのオードブル男子には夢のまた夢っちゅうわけや。

せやけどマッチングアプリやったら、登録している女性は「恋人を探すために登録」しているから、すでに女性側も恋愛対象として男性を見る体制が整っているんやで!

つまり恋人がいるかどうかもわからない、自分のことを恋愛対象に見てくれるかどうかもわからないような女性を相手にするより、ずっと効率がいいっちゅうわけや!

【テディ体験談】コンプレックス男子は出会いたいなら必読!マッチングアプリでは関係性を作ってからデートができる!

僕のようなコンプレックス男子にはここが1番のポイントやで!
マッチングアプリは実際にデートするまでにメッセージの交換をするから、関係性が築けて恋人に発展する確率をリアルな出会いよりも高くすることができるんや!

おそらくあなたも婚活パーティーなどに参加したことがあるのであればわかると思うけど、婚活パーティーの出会いは一瞬や。

おおよそ1分程度喋るだけでマッチングできるかどうかを試すので、自分の中身(=人柄、人間性)で勝負することができへんのや。

だから基本的に一瞬の第一印象で勝負することになるやろ。

これがイケメンなどであればええんやけど、非モテの場合そこで勝ち残るのは至難の技や。

誰からも連絡先をもらえず、また誰からも連絡が来ない状態でTHE・ENDやで。

せやけどマッチングアプリの場合、最初のプロフィール写真で第一印象のハードルさえ越えれば、あとはメッセージのやりとりでお互いの関係性を構築できるから、女性との距離を近づけたり、好意を持ってもらうことが比較的容易くできてしまうんやで!

テディも実際コンプレックスの塊やけど、メッセージのやりとりだけで女性を魅了し、デートの時には初対面5秒でホテル直行したり、出会ったその日に恋人に発展することも珍しくないで!

また、マッチングアプリにはブサイクやデブにも寛容的な女神が多数存在しているので、コンプレックス持ちでも全く問題ないんや!

人の価値観は十人十色という言葉があるように様々やで。そのままのあなたを愛してくれる女性と出会えるのも、マッチングアプリの利点やで!

見渡すとコンプレックス持ちでも出会いがある人は意外とたくさんいる!?

同じコンプレックスの塊であっても、モテる男とモテない男の違いは何なのか?

それは、

出会いの可能性を広げるための行動を

どれだけやっているか

(マッチングアプリを使ってるか)

ということ。ほんま、これだけやで!メモしたか?

あなたは自分のコンプレックスに一生嘆き続ける人生を送りたいか?

それとも世の中のモテるブサイクたちのように、自分を変えるための行動に励み、人生を逆転させるか?

そのチャンスはすぐ目の前にあるで!

さぁ、あなたもマッチングアプリで非モテ人生を逆転させようや!

【テディのマッチングアプリ体験談】バックナンバー・最新号

  1. 【モテウハ体験談】マッチングアプリなら誰でも出会いがある!恋に連戦連敗だった男の奇跡|コンプレックスの塊だったテディが出会いたいあなたに送ります|vol.1
  2. 【※男だけ読め】用途別!マッチングアプリで出会いを倍増させる選び方講座|関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験記」|vol.2
  3. 【出会いの確率3倍】マッチングアプリで女性の反応を激変させるモテファッション事例を大解剖!|関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験談」|vol.3
  4. 【番ゲしよう!】マッチングアプリで女性とLINE交換ができるアプローチ法と注意点を公開!|関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験記」|vol.4
  5. 【承認率100%!?】マッチングアプリで出会った女性への初デート打診をさらっとOKにさせるアプローチテクニックを公開!|関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験談」|vol.5
  6. マッチングアプリで出会いの確率を3倍上げろ!全女性ユーザーに有効なアプローチ方法と、特徴別アプローチ方法を紹介!関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験談」|vol.6
  7.  出会いたい男必見!マッチングアプリで出会いやすい女性の特徴を解説!関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験談」|vol.7
  8. 【公開!】マッチングアプリで出会った女性との発展には「3回デートの法則」が有効!ポイントをステップ別で紹介!関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験談」|vol.8 
  9. 実録体験談!Omiai vs Pairs、テディが出会いやすいと感じたマッチングアプリはどっち!?関西ナンパ師・テディが贈る「モテウハ体験談」|vol.9 

あなたにぴったりのマッチングアプリが知りたい方はこちら↓↓

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 MatchAppNAVI