【Pairs男性必読】こんな男性は嫌われる!ペアーズで「いいね」を貰いたいならこう変えろ!

こんにちは!マッチングアプリナビ編集部です!

今回ご紹介するのはPairs(ペアーズ)で「いいねがもらえる」「マッチングしやすくなる」プロフィール写真やプロフィールの内容について紹介していきます!

「彼女が欲しい」「結婚したい!」と意を決してペアーズを使いはじめたけれど、

「ぜんぜん、いいね!がもらえない……」

「いいね!をしてもありがとうが返ってこない」

と、マッチング出来ずにへこんでいる男性がとても多いという話を聞きました。

いったいなぜ「いいね!」や「ありがとう」がもらえないのでしょうか?

筆者と筆者の友人がペアーズを使用し「これはない」「残念すぎる」「こう変えれば良いのに!」と思い、意見交換した「駄目なプロフィール写真やプロフィールの内容」の事例をお伝えします。

そして、改善方法も紹介しますね!

あなたの問題点を見つけることで、Pairs(ペアーズ)でマッチングしやすくなるかもしれません!ぜひ最後まで読んでみてください!

 
 

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!

ペアーズ(Pairs)で「いいね!」がもらえない写真|写真を撮る場所どうしてる?

マッチングアプリは写真がほぼ全てと言っても過言ではありません。

写真さえ良ければ、自己紹介の内容が薄くても「いいね!」がもらえる可能性はありますが、写真がまずいと、真剣に恋活・婚活している人から「いいね!」をもらえる可能性はほぼ0(ゼロ)です。

まずは自分がしっかりと映ってはいるけど…印象の悪い写真解説します。

まず「いいね」は貰えない!トイレで撮影した写真

わりと多くの男性がやっているのが「駅や商業ビルなどのトイレや洗面所で撮影した自撮り写真」をプロフィールに使用している例。

確かに最近のトイレの鏡は大きくて空間自体も広々し綺麗です。照明も明るく「自撮りには最適!」だと思うのかもしれません。全身が写る縦長の鏡が設置されているところもありますね。

しかし、これは基本的にNGです。(めっちゃ高級なホテルの超綺麗なトイレなら…可能性0ではないかな)

ペアーズは、真剣に婚活や恋活をしている人がほとんど。魅力的な自分を相手に伝えるべき場です。写真ひとつ取っても、「気合い」を感じたいところ。

しかし、トイレで撮影した写真は「手を抜きすぎている」「デリカシーに掛ける」と女性の目に映ります。

トイレスペースはある種独特。一目見れば、どこで撮影したかが分かります。ひどい場合は、自撮りした鏡の背景に、用を足している他の男性の後ろ姿が写っているケースもありました。こういう写真を使っている人は即ブロックです。

女性は、多くの男性が思っているよりも写真の背景を見ています。というより、よっぽどのイケメン好きでない限り男性の顔よりも男性の雰囲気を重視している女性が多いと言えるでしょう。

つまりトイレスペースの清潔感のない空間での写真がプラスになることは基本的にないのです。顔の良し悪し、スペック以前の問題ですね。

「いいね」が欲しいならトイレじゃなくて、試着室を使え!

インカメラを使っての自撮りが苦手、自宅の鏡は自撮りに適していない、という場合におすすめなのが、ショップの試着室です。

最近の試着室は一つの空間が広めで、試着室内もおしゃれに作られていることが多いです。

試着室での自撮りは女性も行うことがあるので、比較的抵抗なく受け止めてもらえるでしょう。

1番「いいね」が貰えるプロフィール写真の背景、NO.1は屋外やカフェ

しかし、試着室もベストではありません。一番良いのは、仲の良い友人などに頼んで、晴れた日の屋外や雰囲気の良いカフェなどで撮影してもらった自撮りではない写真です。

インカメラを使った自撮りだとどうしても自分の顔がアップになりすぎます。鏡に映した自撮りは顔が小さく写るので分かりにくいうえ、鏡が反射したり表情が硬くなりがち。

プロフィール写真は、適度に上半身が写り、程よくリラックスした表情をしているのが理想です。これを叶えてくれるのは、親しい誰かに撮ってもらう他撮り写真。あなたの友達に「ちょっといいかな」と頼んでみましょう。

ペアーズ(Pairs)で「いいね!」がもらえない写真|顔が分からない写真を使用

けっこう多いのが、自分が写っている写真をプロフィールに使用していない男性。

恥ずかしいのかもしれませんが、その恥ずかしさを乗り越えなくては、マッチングはありえません。

風景や食べ物の写真、似顔絵のイラストを使用していて、本人の顔が分からない人から「いいね!」をもらっても、ほとんどの女性が自己紹介を確認することなくスキップします。

これはペアーズに限ったことではありません。他のアプリでも共通です。

「私は自分の顔を明らかにしているんだから、同じように自分の情報をちゃんと提示してくれる人でないと信用できない」「自分の顔も出さずにマッチングアプリを使うのは、相手に対して失礼」だと考える人が多数派です。

マッチングアプリ界においては、顔写真を出すことが最低限のマナーだという暗黙の了解があるのです。

ペアーズの特徴としてコミュニティがあることが挙げられ、多種多様なコミュニティが存在しますが、その中にこんなコミュニティがあります。

  • 顔写真ないとどんな人か不安です。(参加者約2万人)
  • 顔写真がない人はごめんなさい(参加者約5,000人)

コミュニティに入っている人はこの人数ですが、コミュニティには入っていないけれど「顔写真がない人は問答無用でお断り」だと考えている人がほとんどでしょう。

また、顔は写っているけれどマスクをしていたり、サングラスをしている人、なぜか自分の顔にモザイクをかけている人、スタンプで顔の一部を隠している人もいます。いずれも「顔が分からない」写真で、見る側からすると非常に印象が悪いです。

【特例】顔を出さなくてもたくさんの「いいね!」がもらえる例外

ペアーズ(Pairs)では、顔を出していないけれどたくさんの「いいね!」を集めている会員がいます。レアケースのこの事例は、ほぼ全て「年収1000万円越え」の富豪男性です。

超高収入なら、顔写真を出さなくても「いいね!」がもらえます。どうしても顔を出したくない人は、億万長者になる道を模索しましょう。

不細工でも顔を出している方が好印象!

顔を隠す人の心理として「イケメンじゃないから……」「知り合いにばれたら嫌だ」という気持ちがあるのではないでしょうか。

筆者は「オレ、ブサメンだからさ……」と自分を卑下している男性数名と会ったことがありますが、いずれも「そうでもないよ。超イケメンではないけど、私からすると、悪くない。全然付き合えるレベル」という評価でした。

ルックスは並でも笑顔が優しそうですてき、そこに惹かれる、という女性はたくさんいます。変に顔を隠すよりも満面の笑みを見せてくれたほうが、ずっとマッチングする可能性は高くなります。

また、身バレを恐れて顔を隠すのはナンセンスです。今は多くの人がマッチングアプリを使って相手を探す時代。マッチングアプリで知り合い結婚をしたという人の割合はどんどん増えています。アプリを使うことは、恥ずかしいことではなく「ごく普通」「あたりまえ」のことなのです。

勇気を出して、にっこり笑ったあなたの写真に差し替えることをおすすめします。

 

ペアーズ(Pairs)で「いいね!」がもらえない人|登録プロフィールが実家暮らし

ペアーズを使っている友人数名と話していて共通したのが「実家暮らしの男性は避ける」という基準でした。

ペアーズでは自己紹介の中に「一人暮らし」か「実家暮らし」かを選択する項目があり、どんなスタイルで生活しているかが分かります。

実家暮らしを避ける理由として、以下の項目が上げられます。

  • 自立していない
  • 親に頼り切っている
  • マザコンの可能性あり
  • 経済観念がしっかりしていない(生活にどのくらいのお金がかかるかを把握していない)可能性が高い

実家暮らしの場合でも許せるのが「親が高齢で心配なので」など、やむを得ない理由があり、それが自己紹介に書かれている場合。

ただしこれだけだと「もしこの人と結婚したら、親と同居になってしまうの?」という心配が女性側に残ります。

実家暮らしの男性でも「これはアリかも」と筆者が思ったのは、こんな自己紹介。

「高齢の母親が心配なので今は実家にいますが、結婚が決まったら実家を出るつもりです」

女性からすれば、自立している男性が魅力的に見えるのは当たり前。反対にそれができていない男性には「何か問題があるのでは?」「甘えすぎ!」と思ってしまうのです。

ちなみに、ペアーズの男性会員を「いいねが多い順」に並び替えて表示させ、上位20人ほどのプロフィールをチェックしましたが、全員が「一人暮らし」でした。

特に理由もなく実家で暮らしている男性は、一人暮らしをして「自立している自分」をアピールするところから始めると良いかもしれません。

なにより一人暮らしの部屋なら、彼女ができたとき「お部屋デート」が出来ますよ!

 

ペアーズ(Pairs)で「いいね!」がもらえない人の特徴|自己紹介がネガティブ

「写真が好み」「悪くない」と感じる人から「いいね!」をもらうと、相手の自己紹介も確認します。このとき、自己紹介の内容が残念すぎて「ありがとう」を返すのではなくスキップすることがあります。

それは、ネガティブな自己紹介だったとき。

「自分はカッコよくありませんが彼女が欲しいです」

「落ち込みやすい性格です」

など、マイナスな要素が書かれている自己紹介を見かけることがあります。

確かにどんな人でも短所を持っていますが、それをあえてマッチングアプリの自己紹介で前面に打ち出す必要はありません。

マッチングアプリは「知り合う場所」

そこから交流を深める中で、お互いの長所も短所も知っていけば良いのではないでしょうか。

相手の短所が受け入れ難いと感じたら、そこで交流を中止すれば良いだけの話です。

最初に短所を全てさらけ出す必要はなく、むしろ長所をガンガンとアピールしなければマッチできません。

イケメンではなく、落ち込みやすい性格かもしれませんが、ペアーズの自己紹介には

「優しくて頼りがいがあると友人に言われることが多いです」

「料理が好きで、自炊しています」

など、アピールできるポイントを列挙しましょう!

Pairs(ペアーズ)では否定的な自己紹介も避けよう

ネガティブと同じくらい避けたいのが、他者を否定する自己紹介です。

「顔だけで判断する人はお断りです」

「身長〇〇センチ以下の人がいいです」

「〇〇歳以上の人はご遠慮ください」

「東京に来ない人はいいねご遠慮ください」

など、制限するような内容を書いてしまうと、その条件に当てはまらない人が読んだときも「ちょっと……」という悪い印象が残ります。

年齢や身長、体型は相手のプロフィールを見ればわかること。「いいね!」をもらっても相手のプロフィールを見て、希望と違うのなら「ありがとう」を返さなければ良いだけの話です。わざわざ拒否する内容を自己紹介に記入する必要はありません。

多くの人が、自分を受け入れてくれそうな人当たりの良い人を好みます。誰かを拒絶する姿勢をはっきり打ち出している人に対して「素敵だな」と感じる人はほぼいません。

「趣味が違う人は無理です」と拒否する内容ではなく「一緒に趣味を楽しめる人と出会えたら良いと思っています」など、受け入れる方向で文章を書くと、読んだ人のあなたに対する印象もだいぶ変わります

今までペアーズを使っていたけれど「いいね!」や「ありがとう」がもらえなかったという人は、改善点が見えてきたのではないでしょうか。

Pairs(ペアーズ)で「いいね」を貰うために必要なのは…

今回、Pairs(ペアーズ)で「いいね」が貰える、貰いやすくするにはどうしたらいいのかを詳しくご紹介しましたが、Pairs(ペアーズ)で「いいね」を貰うために一番必要なのは自分を変える勇気を持つことかもしれませんね。

顔写真を公開したり、載せる写真を意識して変えてみたりと今までしてなかったことに取り組む勇気です。徹底的に自己分析をしてみてください!

すると、自分の足りないところがまだ出てくるかもしれないですよ!自分で気づくマイナス面は相手にも伝わってしまします。意識して変えていきましょうね。

  1. 他人撮り写真や試着室など清潔感のある場所での自撮り写真を用意する
  2. プロフィールには自分を下げるネガティブワードは出さない
  3. 他者を締めださずポジティブに受け入れるような文言を入れる

この3つは最低意識して、Pairs(ペアーズ)に登録し直してみてください!

マッチング出来ないから退会してしまったという人も、もう一度入会し、こちらでご紹介したポイントを参考にプロフィールを作ってみましょう。今度はマッチングできるかもしれませんよ!

Pairs(ペアーズ)もう一度、使ってみてください!諦めるのはまだ早いですっ!

 
ペアーズを使って見たい!その前に必勝メッセージ例文集を確認したい方はこちら!
【確認してや!】ペアーズの評判と必勝メッセージ例文集を公開!

Pairs(ペアーズ)は使ってみたことあるんだけどなかなかマッチングしないし相性悪いのかも…?そんな方は、こちらんほフローチャートで自分にぴったりのマッチングアプリ見つけてみてくださいね!

【2018年】最優秀マッチングアプリ人気14選|編集部が全て使い倒して分かった厳選アプリ!