恋愛恐怖症の私がペアーズ(Pairs)で結婚できた体験談

ペアーズ 体験談

今回は、ペアーズを利用してめでたくゴールインをした松木さん(仮名)の体験談をご紹介します。

松木さんのプロフィール

年齢:26歳
性別:女性
職業:介護職
住まい:実家暮らし
交際経験:3人
容姿:小柄
性格:引っ込み思案
趣味:音楽鑑賞

どのようにして運命の人と結ばれることができたのでしょうか?

恋愛恐怖症…恋も結婚も自信がない

ペアーズを利用するまでは、とにかく恋愛に自信がありませんでした。

というのも、過去にお付き合いをした男性は、浮気をされたり暴力を振るわれたりといい人ではなかったからです。

なので「私はこの先幸せな恋愛はできないだろうし、結婚なんて夢のまた夢だろうな」と思っていました。

マッチングアプリには偏見があった

ですが、1人でいる時間が増えたなと感じた頃から「やっぱり彼氏が欲しい、結婚したい」と思い始めました。

なのでマッチングアプリを利用することにしたのです。

私の中では「マッチングアプリって出会い系のことでしょ?」とマッチングアプリに対していい印象がありませんでした。

でもそこで思考を切り替えて、今までと違う彼氏の作り方をしてみたら違う系統の男性と出会えるのかなと思うことに。

いい人と出会えることに賭けようと勇気を出しました。

ペアーズは比較的若い人も多く使っていそう

私はなにを始めるにしても事前に下調べをします。

今回はマッチングアプリを始めるにあたり「どんなアプリがあるのか」「それぞれどんな特徴があるのか」ということなどを調べました。

その中で一番自分に合っているなと思ったのがペアーズでした。そう思った理由は利用している人の年齢層です。

他のアプリはもうちょっと年齢が上の人がたくさんいる印象でした。

ですがペアーズは20代半ばでも同世代の人がたくさんいそうだったのでこのアプリを選びました。

男女比と年齢層を解説!
枠 

たくさんのいいねや足跡!中には猛烈アプローチも

登録してまだプロフィールを全て入力し終えていない頃から既にいいねや足跡がついたことにびっくりしました。

ペアーズではとにかくいいねや足跡がついたことを覚えています。

1晩経って朝アプリを見てみると、追えないくらい足跡がついていたので全部見るのが大変でした。

中には何度も足跡をつけてくれたり、メッセージ付きのいいねでアプローチしてくれる男性もいたのですが、そういう方たちは大体40代の人でした。

私はプラスマイナス3歳までの男性と決めていたので、その人たちには申し訳なかったのですが20代の男性で気になる人を探していました。

3日目で運命の出会い

3日ぐらいしたら、それまでのたくさんのいいねや足跡の勢いが衰えてきました。

私は見たことのある顔ぶれの1人になったのでしょう。

「今まではたくさんアプローチしてくれる男性の中から選り好みできていたけれど、今後はそうもいかなくなるのでは」

と思ったのですが、過去の恋愛にトラウマのある私はなかなか自分からいいねを送ったりいいねを返したりできません。

つまりなかなかマッチングに至らないのです。

そのときにいいねを送ってくれたのが彼だったのです。

マッチングの決め手はプロフィール文

彼は2歳年上で、見た目も爽やか系でいい感じでした。年収もしっかりしていたので安心できます。

なによりプロフィール文から彼の優しそうな人柄を感じ、気が付いたら私はこの人とデートをしている姿を想像していました。

こんな感覚になれる人は今までいなかったので、思い切っていいねを返し、マッチングしたのです。

告白は自分から

彼は連絡もマメで、仕事でないときの返信がとても早い人だったので安心しました。

1日に10通はメッセージのやり取りをし、3日後にLINEの交換をしました。

初デートは2週間後ぐらいだったのですが、会えるのがとても楽しみでした。

私は2度目のデートで過去の恋愛のトラウマを打ち明けたのですが、それに対しても彼はそんな私を受け止めてくれました。

「この人とならやっていける」そう強く思いました。

なので自分でも驚いたのですが、告白したのは私からです。

恋愛するのが怖かったのに、心からこの人といたいと思い自然と行動に出ていました。

結果はOK。彼も同じ気持ちでした。

同棲を始めた理由

実は私にはもう1つ彼に隠していることがありました。それは両親、特に母親との不仲です。

実家暮らしではあるけれど家にいるのが毎日とても辛くて精神的に参っていました。

お付き合いを始めてしばらく経った後に打ち明けると、彼は同棲を提案してくれました。

私も喜んで応じ、お付き合いを始めて3か月後から同棲を始めました。

交際開始から1年弱でプロポーズを

同棲中、彼は積極的に家事を手伝ってくれました。

食事は私が主に作るのですが、いつもおいしそうに食べてくれたのが嬉しかったです。

ちょっと衝突することもありましたが毎日楽しく過ごしていました。

そんなある日の晩です。彼の様子が急にぎこちなくなり、そして私の隣に座ってこう言いました。

「どうか俺と結婚してください」

私は驚きと嬉しさのあまり一瞬固まってしまったのですが、「こちらこそよろしくお願いします」と言って半泣きになりました。

付き合ってから11か月、同棲開始から8か月後の話です。

指輪をはめた瞬間に幸せが溢れる

それからは結婚の準備でバタバタし始めました。彼は私が苦手とする私の親にも誠実に挨拶をしてくれました。

籍を入れる日、結婚式の内容、ひとつひとつの話が幸せでたまりません。

中でも「あぁ、私結婚するんだ」と感慨深くなったのは指輪を見に行ったときです。

 隣で彼が嬉しそうな、照れくさそうな顔をしていたのが忘れられません。

私たちの縁はペアーズにあった

そして無事入籍し、結婚式を挙げ、今は夫婦として幸せに暮らしています。

恋愛で辛い体験をしてきたため恋をすることにとても臆病になっていましたが、勇気を出して1歩前に踏み出してよかったです。

そして、偏見を捨ててマッチングアプリを利用して本当によかったと今は思っています。

私たちの縁はペアーズにあったんだねと、出会った頃のことを思い出しては時々彼と懐かしんでいます。

恋愛では辛いこともありましたが、今は本当に幸せです!

 

会員数1000万人突破!!

ペアーズ

無料ダウンロード

 

sponsored by 株式会社エウレカ