【要注意】マッチングアプリで本名を教えてはいけない!?伝えるべきタイミングと注意点は?

マッチングアプリ 本名

マッチングアプリは、理想の相手を簡単に探せるサービスとして一般的に浸透しつつありますよね。

ただし、結婚相談所や婚活パーティーなどと違って、本名ではなくニックネームで登録している方がほとんど。

この記事では、「本名って伝えなきゃダメ?」「本名はいつ伝えるの?」といった疑問を持つ方のために、本名を伝えるタイミングや注意点を紹介します!

マッチングアプリで本名を伝える必要はない!

マッチングアプリ 本名

マッチングアプリでは、本名を伝える必要はありません!

その理由は、3つあります。

本名を伝える必要がない理由
  • 悪用される恐れがあるから
  • 知り合いにバレる可能性があるから
  • 検索されてしまう場合があるから

それぞれを簡単に説明しますね。

悪用される恐れがあるから

本名を教えてしまうと、悪用されてしまう恐れがあります。

マッチングアプリには、業者や勧誘などといった悪質なユーザーが少なからず潜んでいます。

そういったユーザーに個人情報である本名を教えてしまうと、悪用されてしまいかねません。

多くの場合、悪質なユーザーは一般人のふりをしているため、見極める力がなければ簡単に騙されてしまいます。

そのため、慣れないうちは、絶対に本名を他人に教えないようにしましょう。

知り合いにバレる可能性があるから

本名を教えてしまうと、マッチングアプリを使っていることが知り合いにバレてしまう可能性があります。

本名を教えた相手がこちらの知り合いであったり、知り合いの知り合いであったりする場合があるからです。

「別に知り合いにバレても構わない」

そういう方は問題ありませんが、「こっそりとマッチングアプリを使いたい」という場合は、本名をすぐに教えないようにしてください。

検索されてしまう場合があるから

本名を教えると、GoogleやFacebookで検索され個人が特定されてしまいます。

そこから勤務先を知られたり、投稿を見られたりして、相手に誤ったイメージを持たれてしまう恐れがあります。

本名を表に出すような仕事をしている方は、不用意に教えないようにしましょう。

マッチングアプリで本名を伝える必要がある場合は…

マッチングアプリ 本名

マッチングアプリでは本名を伝える必要はありません。

しかし、場合によっては本名を伝えたほうがいいこともあります。

たとえば、次のような場合です。

相手に安心感を与えたい場合

相手に安心感を与えたい場合は、積極的に本名を教えてもいいでしょう。

特に恋活、婚活している女性は、相手が真剣な方なのかどうか気にしています。

自分が真剣に恋活、婚活しているということを伝えたい場合は、本名を名乗っても問題ありません。

相手から本名を聞かれた場合

何度もデートを重ねた相手から「そういえば、本名聞いてなかったね。なんて言うの?」と聞かれた場合は、正直に答えましょう。

相手のことをより深く知りたい気持ちの現われだからです。

ただし、マッチングして間もなかったりまだデートしていない異性から聞かれたりした場合は「前に本名を教えてトラブルになったこともあるんだ、だからデートの際に教えるよ!ごめんね」と説明し、相手に納得してもらいましょう。

マッチングアプリで本名を伝えるタイミング

マッチングアプリ 本名

仲が深まったのに、いつまでもお互いの本名を知らないままだと気持ち悪いですよね。

そこで、本名を伝えるタイミングをマッチングアプリの利用目的別に紹介します!

恋活の場合:交際がスタートしてからでOK!

with(ウィズ)やイヴイヴなど、カジュアルなマッチングアプリで恋活している場合は交際時に教えましょう!

恋活は、相手がこちらを信用してくれるハードルが婚活よりも低いため、本名を教えるのは交際がスタートしてからでも問題ありません。

ただし、相手の警戒心が強かったり、他にもライバルがいそうだったりした場合、積極的に本名を伝えて真剣さをアピールしてもいいでしょう。

本名を伝えることで、「自分のことを信用してくれているんだな」と相手に思わせることができます。

婚活の場合:LINE交換時、初回デート時などがベスト

Omiai(オミアイ)やゼクシィ縁結びなどを使って婚活している場合、LINE交換時や初回デート時など、仲を深めやすい節目で教えることをおすすめします。

婚活をしている方は、「相手を慎重に見極めたい」と考える方がほとんど。

男性の場合は、LINEや初回デート時に「◯◯って言います。よろしくね」とさり気なく本名を伝えることで、自分がヤリモクでなく嘘もついていないということをアピールすることができます。

ただし、本名を伝える際は、次で紹介する注意点をかならず意識してください!

婚活アプリには真面目な方が多いですが、中には結婚とは別の悪質な目的を持ったユーザーもいるからです。

マッチングアプリで本名を伝える際の注意点

マッチングアプリ 本名

本名は個人情報であり、悪用されるとトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

そのため、マッチングアプリで本名を伝える場合は、ここで紹介する注意点をかならず意識しましょう!

いきなり本名を聞かれた場合、絶対に教えない

マッチングしていきなり本名を聞かれた場合は、絶対に教えてはいけません。

なぜなら、『本名を聞く』というのは、個人情報収集業者の手口だからです。

業者は本名やLINEのIDをしつこく聞いてきます。

教えてしまうと、違法な行為をはたらく業者に本名やIDの情報を売り渡されてしまいますので気をつけてください。

あらかじめ自分の本名で検索しておく

本名を教える際は、あらかじめ自分の本名で検索しましょう!

知らず知らずのうちに、ネット上に自分の本名が出ていることもあるからです。

誤解を招くような検索結果が出てきた場合は、本名を教える際にあらかじめ説明しておいたほうが得策でしょう。

また、Facebookの投稿や写真なども、相手から見られていいようなものに変えておいてください。

ニックネームは『ひらがな』にしておく

マッチングアプリのニックネームは、漢字ではなくひらがなかあだ名にしておくことをおすすめします。

なぜなら、下の本名だけでも、マッチングアプリ上にある情報を組み合わせれば個人を特定できる可能性があるからです。

特に、Facebook認証で登録した場合、Facebook上の名前がそのままニックネームになっていることが多いです。

特定されたくない方は、かならずニックネームを変えておきましょう!

マッチングアプリで本名を伝えた僕の体験談

マッチングアプリ 本名

最後に、マッチングアプリで本名を伝えて大変なことになってしまった僕の体験談を紹介します。

僕は、Facebookに元彼女と一緒に写った写真を載せていました。

消しておけばよかったのですが、あまりログインしないこともあり、そのままに…。

そんな状態で、ある日、with(ウィズ)というマッチングアプリで素敵な人とマッチング!

自分の理想をそのまま具現化したような人で、ウキウキしながらメッセージ交換をしていたのですが…突然、ブロックされてしまいました。

「えっ、なんで!?」

わけがわからずあたふたしていると、僕の個人メールボックスにメールが届きました。

これは、僕が運営しているブログのお問い合わせフォームから届いたもの。

中身を確認してみると…

『特徴的な漢字の名前だったので、検索してみました。すると、◯◯さんのFacebookを発見しました。彼女がいるのにアプリを使うなんて最低です。せっかくマッチングしてうれしかったのに』

このような内容のメールが3通も届きました。

僕はwith(ウィズ)を下の名前で登録していたのですが、漢字を使っていたために、検索して特定されてしまったようです。

お問い合わせフォームからだったので相手のメールアドレスもわからず、せっかくのチャンスを棒に振ってしまいました…。

これ以降、マッチングアプリはかならずひらがなで登録するようにしています!

教訓!

些細なことから個人は特定されてしまう。

万が一、特定されてしまったときのために、SNSの内容は非公開にするか編集しておこう!

 

マッチングアプリで本名を伝えるまとめ

マッチングアプリ 本名

今回の記事を簡単にまとめますね。

まとめ
  • マッチングアプリでは、本名を伝える必要はない
  • 状況に応じて本名を伝えるように
  • 本名を聞いてくる個人情報収集業者に注意
  • 些細なことでも特定される恐れがある

これらのことを意識して、マッチングアプリを使って素敵な人と出会ってくださいね!

【2019年最新】最優秀マッチングアプリ人気14選|出会いのプロが全て使い倒して分かった厳選アプリ!

【2019年6月】男性向けマッチングアプリ9選|出会いのプロが選ぶ厳選アプリ