【危険!?】Pairs(ペアーズ)の要注意人物4種類!確実に見分けるための8つの特徴を紹介!

ペアーズ(Pairs) 要注意人物

Pairs(ペアーズ)を安全に使うためには、要注意人物を回避しなければなりません。

なぜなら、要注意人物は一般人のふりをして登録しているからです。

要注意人物を回避するためには、種類と見分け方を習得することが大事!

そこで、この記事では、Pairs(ペアーズ)歴2年の僕が要注意人物の種類と見分け方、対処方法について解説します!

ダウンロードはこちらから!sponsored by 株式会社エウレカ

💙ペアーズの裏口コミ・評判や料金などを先に知りたい方はこちら

Pairs(ペアーズ)の要注意人物について

Pairs(ペアーズ)は真面目な方が多いマッチングアプリです。

しかし、中には婚活・恋活以外を目的とした要注意人物も紛れ込んでいます!

要注意人物とは仲を深めることができないばかりか、トラブルに巻き込まれてしまう危険性も…。

まずは、Pairs(ペアーズ)にはどのような要注意人物がいるか紹介します。

業者

業者は、大きく分けて2つのタイプが存在します。

業者の種類
  • 個人情報収集系の業者
  • 他サイト・アプリに誘導する業者

個人情報収集系の業者は、個人情報を収集し違法な企業に売り渡すのが目的です。Pairs(ペアーズ)で知り合った人とは、仲を深められるまで個人情報は教えないようにしましょう!

他サイト・アプリに誘導する業者は、Pairs(ペアーズ)以外の出会い系サイトやアプリに登録するよう促してきます。そのサイト・アプリは違法であることが多いため、絶対に登録してはいけません。

🚨出会い系アプリに潜む援デリ業者の実態とは!?サクラとどう違うの!?

勧誘

投資、セミナー、宗教、マルチ商法などに勧誘してくる方も要注意です!

「かならず儲かる」「無料ではじめられる」などといった言葉を鵜呑みにしないようにしましょう。

そもそもPairs(ペアーズ)では、そのような用途で利用することを禁止しています。

ヤリモク、遊び目的

ヤリモクや遊び目的の相手は、体の行為が終わるとブロックされてしまうことがほとんどです。

そのため、仲を深めることができません。

「ヤリモクかな」「遊び目的なのかも」と感じた場合は、相手と距離を置くようにしましょう。

🚨マッチングアプリのヤリモクを確実に見抜く方法、実はあります。いますぐチェック!

既婚者、恋人持ち

Pairs(ペアーズ)は、既婚者や恋人持ちでも登録ができてしまいます。

また、独身証明を提出することができないため、相手が本当に独身かどうかはわかりません。

既婚者や恋人持ちの方と仲を深めてしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう恐れがあるため注意してください。

🚨既婚者がマッチングアプリ内にいるって本当なの!?既婚者の特徴と見分け方を伝授

援助交際、パパ活

女性の中には、援助交際やパパ活などを目的にしている方も存在します。

援助交際やパパ活は利用規約で禁止されているのはもちろんのこと、犯罪となってしまうケースもあります。

そういった話を持ちかけられても、絶対に受け入れないようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)の要注意人物の特徴

Pairs(ペアーズ)を安全に使うためには、要注意人物を事前に回避する必要があります。

これらの特徴に当てはまる相手を見つけた場合、アプローチしないようにしてください。

写真が美男美女すぎる

写真が美男美女すぎる場合は、すぐにアプローチせずに一呼吸置いてください。

特に、業者は異性の目を引くために芸能人やインスタの写真を転用している可能性があります。

判別するためには、PC版でPairs(ペアーズ)にログインし、画像検索してみましょう。

検索結果がいくつか表示されたら、業者の可能性が高いです。

プロフィールが不自然過ぎる

年収が高すぎたり、職業が『投資家』『自由業』になっている場合は、投資などの勧誘であることが多いです。

実際に、この方にメッセージを送ってみたところ、LINEで仮想通貨のグループに誘われセミナーに勧誘されました

自己紹介文に『自由に暮らしている』『好きなことをしている』と書いている場合は、特に注意してくださいね。

性的な写真を載せている

性的な写真を載せているのは、確実に援助交際やパパ活などです。

アプローチしたくなる気持ちは同じ男として共感できますが、援助交際やパパ活は風俗店のスタッフが、店の女性を使って登録させていることがほとんどです。

個人的に仲良くなることはできません。

このように、堂々と店のPRをしている場合はすぐに通報しましょう。

この方は、僕が通報した数時間後に消えていました。

通報の仕方は後述しますね!

すぐにLINEの交換をしようとしてくる

業者やヤリモクなどの要注意人物は、すぐにLINE交換をしようとしてきます。

なぜなら、常に強制退会のリスクを背負っているため、早めにLINEに移行したいと考えているからです。

LINEに移行して、Pairs(ペアーズ)上でブロックされてしまうと通報することができません。

マッチングしてすぐにLINE交換を求めてくる方は、業者やヤリモクの可能性が高いと言えるでしょう。

ホームパーティーやバーベキューに誘ってくる

初回のデートがホームパーティーやバーベキューの場合は、警戒が必要です。

それらは勧誘系の要注意人物がよく使う手法だからです。

ホームパーティーやバーベキューはマルチ商法などの業者が主催していることが多く、参加者に楽しさをアピールするための罠ですので気をつけてください。

デートの約束時間が21時以降

デートの約束時間が21時以降の方は、ヤリモクの可能性が高いです。

相手を酔わせて終電を逃させるのが、ヤリモクの常套手段だからです。

21時以降に誘われた場合は、逆にランチデートを提案してみましょう!

デートにドライブや自宅を提案してくる

デートにドライブや自宅を提案してくる場合は、ほぼ100%ヤリモクだと考えていいでしょう。

いくつか候補を挙げた中にドライブや自宅デートが入っている場合も、ヤリモクの可能性が高いです。

会う場合は、人気の多いところを選ぶようにしてくださいね。

Facebookの交際ステータスが『既婚』、『交際中』

相手の本名がわかったりFacebookで見つけたりした場合、交際ステータスに注目しましょう。

既婚、交際中となっている場合は確実に既婚者であると考えてください。

また、交際ステータスを設定していなくても、恋人や配偶者と写っている写真をアップしている場合も同様です。

Pairs(ペアーズ)で要注意人物に出会った際の対処法

Pairs(ペアーズ)で要注意人物に出会った場合、かならず通報するようにしてください。

Pairs(ペアーズ)で要注意人物を通報するためには、相手のプロフィールかトーク画面を開きます。

右上にある『・・・』をタップしてください。

『違反報告する』をタップしてください。

違反の種類などを選んで、画面下の『確認する』をタップします。

確認画面が表示されますので、『報告する』をタップしてください。

これで報告完了です。

報告が確認されると、相手は強制退会などのペナルティを課せられます。

強制退会させられた場合、再登録も不可能なので安心してください。

注意

通報する前にブロックはしないでください。

ブロックしてしまうと相手が画面から消え、通報できなくなってしまいます。

Pairs(ペアーズ)の要注意人物まとめ

Pairs(ペアーズ)の要注意人物についてまとめます!

まとめ
  • Pairs(ペアーズ)には要注意人物がいる
  • 要注意人物は仲良くなることができず、トラブルになる恐れもある
  • 要注意人物は事前に回避することが大事
  • 要注意人物に出会ったら、ブロックする前に通報!

こうしたオンラインサービスには、犯罪性をはらんだ危険人物が紛れ込んでいることも確か。

ですがPairs(ペアーズ)は、24時間365日のパトロールや本人確認を徹底するなど、安全対策に非常に力を入れています。

さらに今回紹介した要注意人物は、どれもメッセージやプロフィールの段階で『普通の人ではないな』と判断することが可能。

ですので、一概にペアーズが要注意人物だらけのマッチングアプリだという訳ではありません。

自分の頭で要注意人物を判断し、うまく回避して、Pairs(ペアーズ)で素敵な相手を見つけてくださいね!


sponsored by 株式会社エウレカ

出会いのプロが厳選した最優秀マッチングアプリ14選はこちら👈

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 MatchAppNAVI